2016.01.26

彼に振られたら「いつまでもしがみつかない方が良い」その理由って?4選

大好きな彼との別れって辛くて悲しいし、自分でもなかなか受け入れられないもの。
「彼から別れを切り出された直後はパニックになって、大泣きして女友達に電話をしまくった…」という経験のある女性も少なくないでしょう。

でもいつまで経っても「彼のことが好き!」「彼以外の人は考えられない!」と彼にしがみついてしまっていると、いつまでも新たな幸せは掴めません。

そこで今回は「彼に振られたらいつまでもしがみつかない方が良い理由」について10代~20代女性に取材してきました。

1.時間の無駄

「22歳の時に別れた彼を5年間ずっと想っていた。元彼も思わせぶりな態度をとるので惑わされてしまって…。
でもようやく『これって私の大切な時間を無駄にしてるんだ』って気付いたんです。」(28歳/一般事務)

人の気持ちは変えられません。何年も振り向いてもらおうと必死で頑張っても、結局残るのは年齢を重ねた自分だけです。

「私はこんなに彼のことが好きなのになんで分かってくれないの!」と気持ちの歯止めがきかなくなる原因にも繋がります。

「自分のことを想ってくれない男を追いかけていても時間の無駄」と割り切れるように気持ちをシフトしていきましょう。

2.関係が余計に悪化する

「しがみつけばしがみつくほど元彼は去っていく。今までの恋愛は全部そうでした。」(25歳/販売)

最初は「別れても友達でいたい」と思っていた元彼も、元カノに追い掛け回されるほどに嫌気がさしてきます。最終的には着拒、ブロックなんてことも。

彼と絶縁したくないのであれば、いつまでも自分の感情を押し付けることはやめ、どうしたら別れた後も仲良くやっていけるのか考えてみましょう。

3.ヨリを戻しても破局する可能性が高い

「彼に振られた後、とにかく泣いてすがって、もう一度やり直して欲しいと懇願した。嫌々ヨリを戻してくれたけど、すぐ別れる結果となりました…。」(22歳/大学生)

別れを選択したということはそれなりに理由があるということです。
その原因をきちんと解決しないまま「彼が好きだから」「一人になるのが寂しいから」とヨリを戻しても、結局は同じ問題でつまずくことになります。

感情的に彼にしがみつくのではなく、まずは問題を見つめなおして改善すること、そして同時進行的に他の男性を見てみることも大切です。

4.自分を見失う

「高1の時に付き合った彼と半年後に別れたんです。私はずっと夢があって、それを叶えるために進学校に入ったんですが、彼にしがみつくあまり勉強が疎かに…。
自分を見失った私は彼からもうざがられ、第一志望の大学にも合格することができませんでした。」(19歳/大学生)

彼にしがみつくあまり、自分の人生をないがしろにしてしまうと、最終的に何もかも見失ってしまいます。

「彼も戻って来ないし、自分の人生も台無しに…。結局残ったのは自分が愛されないトラウマだけ…」となってしまったら、女性にとって良いことは何もありません。

自分の中で「彼との時間はもう戻って来ないもの」と区切りをつけられるようにしましょう。

おわりに

女性の人生は付き合う男性や、結婚する相手によって大きく変わると言われています。

別々の道を選んだ彼にいつまでもしがみついていても、何の幸せも得られません。彼を忘れる努力は、必ずのちの幸せにつながるはずですよ。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事