意外と繊細!「地方出身彼氏」との上手な付き合い方・4選


東京などの大都会の大学や会社だと、地方出身者の方も多いですよね。付き合うことになったら、以下の4つのことに注意して付き合うとうまくいくようです。

今回は、地方出身者と付き合ったことのある女性に、上手な付き合い方を取材してきました!

1.デート先は彼氏に決めてもらうと良い

「東京に憧れのある彼氏だったので、行きたいところは彼に任せることにしていました。東京出身の私よりもデートスポットに詳しくてビックリ!」(学生/20歳)

「大学で東京に出て、東京タワーデートするのが夢だったという彼。事前に下見までして案内してくれて、私は初めてじゃなかったけど、新鮮でとても楽しかったです」(学生/18歳)

東京に長く住んでいる彼女がデートスポットを紹介するのかと思いきや、意外と地方出身者の彼氏に任せた方が良いとの意見が。

「東京に出たら、◯◯に行きたい!」と考えている男性が多いので、まずは彼の意見でデートを楽しんでみては?

2.過去の恋愛話をしない

「『都会は、高校生でもませている』っていう思いがあるらしいです。
私は、高校生のとき彼氏いない時期の方が長かったけど、何も言わないようにしていました」(学生/19歳)

「『元カレは、もっと◯◯だったかもしれないけど…』と、よく言われた。
別にそんなこともなかったけど、反論するのも気にさせるかと思って、過去の話は絶対しないと決めてました」(小売/23歳)

大都市の付き合い方はこう!大都市の男はこう!という思い込みがあり、そこに期待をしていたり、逆にコンプレックスを抱く地方出身者もいるのだとか。

地方出身者じゃなくても、今の彼氏に過去の恋愛話はしないにこしたことはありませんね!

3.地方の話を聞いても大げさに驚かない

「何人かで話をしていたときに、彼の地元の話で、みんなが驚く出来事が。
自分の普通は普通じゃないんだとショックを受けていたので、以来どんな話が出てきてもあまり驚かないように気をつけています」(学生/22歳)

「彼の友達が、彼の話にかなり驚いた反応をしたら『友達にバカにされた』と感じたよう。私もそう思わせないようにしなきゃと思っています」(学生/21歳)

出身地によっては、かなり特殊な風習があることも。
驚くことは多くても、あまり驚いた反応をすると、「俺っておかしい?」「バカにされてる?」と思ってしまいかねないので、「そうなんだ!」と、あまり大げさに驚かないように気をつけることですね!

4.その土地に関するニュースを頻繁に仕入れて話す

「彼は、社会人になって初めて田舎を出た人。
私は、都会生まれ都会育ちで田舎がないのでうらやましく、彼の地元のニュースを見ると、嬉しくなって電話で報告!彼もそれが嬉しいみたいで、先日彼の田舎に連れて行ってもらえました」(金融/23歳)

「彼の地元近くで事件があったことがあって、心配して声をかけたことがキッカケで付き合うことになりました」(衣料メーカー/25歳)

誰でも、自分の大切なことや大切な場所に興味を持ってもらえるのは嬉しいですよね。地元から遠く離れて生活している人は、その思いも強いもの。

彼の田舎を記憶していたことがキッカケで付き合うことに、なんて意見もありましたよ!

おわりに

いかがでしたか?地方出身者は、都会への憧れとふるさとへの想いをあわせて持っています。
彼と素敵な付き合いを続けてくださいね!(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)