2011.03.28

単身赴任、応援します!!単身者の引越し先をうまく選ぶ方法

単身者の性格や行動によって引越し先の立地選びは違います。

数年、いやそれ以上住むことになるかもしれませんので、ストレスの少ない生活が送れるように慎重に選びたいものです。

交通

終電帰宅や不規則な勤務形態の人にとって、交通の便は重要事項です。

 

職場から最寄り駅まで電車で帰ることができ、さらに徒歩で安全に帰宅できる等、身体への負担も軽減できる立地を選びましょう。

 

タクシーを頻繁に使うと出費がかさみ、結局は住居費そのものが高くなってしまいます。これでは家賃が安くても意味がありません。

食事と生活一般

たいていの地域には単身者が住みやすいエリアというものが存在します。そこには深夜まで開いている飲食店やスーパーなどがあります。コンビニやクリーニング店も必要です。

 

徒歩の範囲内にどれだけあるのか調べてください。これが生活の便利性や快適性をかなり高めてくれます。

休日

週末にリフレッシュできるような場所があれば、平日は仕事に邁進できるというものです。

 

ただでさえ環境が変わったこと自体がストレスになり得ますので、ストレス解消のためにも引越し先で好きな趣味を続けることは効果的です。

 

映画が好きなら映画館やDVDレンタルショップ、ジョギングが好きなら公園や河川敷、読書が好きなら図書館や本屋等、これら趣味の場所があれば気分転換になり生活に張りが生まれます。

サービスのあるアパートやマンション

防犯システムサービスや、小包などを受け取ってくれるメールサービスのある住居は単身者向けだといえます。

 

さらにクリーニングサービスもあれば心強いです。生活する上で時間と手間の節約になるからです。

グーグルマップで調べよう

引越し先の目安がついたらグーグルマップで住所を検索してみましょう。

近所にあるコンビニやスーパー、建物、地理が一目でわかります。

単身者に幸あれ!

関連記事