2016.01.30

これぞ理想の関係!長続きするカップルに共通している4つの特徴

恋人ができても、どうしても交際が長続きしない。そんな悩みを抱えている女性は結構多くいるものです。

では、長続きする人とそうでない人では、一体何が違っているものなのでしょうか?

そこで今回は、交際が「長続きするカップル」に共通する特徴について紹介します。

1.一人になる時間をお互いに持つ

「常に2人でいるわけではなく、ちゃんと一人になる時間も持つようにしています。
その方がお互いに自分の趣味などにも時間を費やせるので、いい関係が保てますね」(25歳/総務)

いくら恋人同士とはいっても、ある程度の距離感を保つことは大切でしょう。

「好きだから一緒にいたい!」という気持ちもわかりますが、だからといっていつも一緒にいると、段々とお互いに重荷になってきてしまう可能性が高いです。

しっかりと尊重し合って、干渉しすぎないようにすることが、いつまでも仲良しでいられる秘訣でしょう。

2.お金の価値観が合う

「お金に対する考え方が合わない人とは、付き合ってもすぐに終わってしまいますね。
ムダ遣いが多い人も嫌だし、かといって、ケチケチしすぎている人も無理ですね」(26歳/薬剤師)

長続きするためには、価値観が合っているということがとても重要です。

特に、お金に対する価値観は、2人の関係性に大きく関与してくるものです。
お金の使い方が自分とあまりにも違っていると、一緒にいるのも苦痛になってしまうので、相手のお金に対する考え方なども理解はしておく必要があるでしょう。

3.2人で旅行の計画などを立てる

「2人で一緒に旅行の計画を立てると、かなり仲良くなれますよ。
年に数回、定期的に旅行に出かけるようにしているので、2人のかなりの楽しみなイベントですね」(27歳/看護師)

旅行に出かけるのは、やはりマンネリ打破などにも持って来いです。
その際に、男性に旅行の計画を任せてしまうのではなく、2人で一緒に計画を立てると、さらに仲は深まるはずですよ。

2人で準備をすることで旅行へのワクワク度も高まりますし、次はどこに行こうかという未来への思いも出てくるので、2人の親密度もより高まることでしょう。

4.「ありがとう」「ごめん」はちゃんと言う

「何気ないことですけど、『ありがとう』がちゃんと言えるかどうかは大きいですね。
そういう当たり前のことができない人のことは、結局嫌になってしまいますね」(26歳/飲食)

「ありがとう」や「ごめんね」を、ちゃんと口に出して言うことはとても大事です。感謝をされれば、誰だって嬉しいし、もっと尽くしてあげたいとも思うようになします。

ケンカをしてしまったときも、ちゃんと謝罪を言葉で述べれば、大きな傷にならずに済む可能性も高いでしょう。
「言わなくてもわかるでしょ」という甘えが、一番危険なことでありますよ。

おわりに

交際をする以上は、長続きさせたいと誰もが思うものですよね。

今回紹介した長続きするカップルの秘訣を参考にして、いつまでもお互いを思い合える2人でいられるようになることが大事でしょう。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事