「俺モテるんだぜアピール」をしてくる男性の上手なあしらい方法・4選


学校や合コンにも一人はいる「俺ってモテちゃうんだよね」アピールをしてくる男性。

でも女性からしてみると「本当にモテる男性は自分からそんなこと言ってこない!」って感じですよね。
隣にピッタリとくっつかれてしまうと、対処法に困ってしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は「俺モテるんだぜアピールをしてくる男性の上手なあしらい方法」について、20代女性からのアンケート結果をもとにまとめてみました。

1.相槌だけうって聞き流す

「合コンで『俺モテるから平気で浮気とかしちゃうタイプなんだよね~』と言われた時は『へぇ~』『うんうん』と引き気味で聞き流した。」(20歳/大学生)

これが一番面倒なことにならなくて、楽な方法ですよね。
合コンなどの出会いの場では「もうこれっきり会うことはないし、今は我慢しよう…」とまるで修行のように聞き流している女子も多いんだそう。
聞いているフリをして、頭では違うことを考えちゃいましょう!

2.過剰に褒め称える

「気になる男性と二人っきりでご飯に行ったんですが、とにかくモテる自慢が半端なかった。
とりあえずガン無視もどうかなと思ったので、『○○君ってすごいんだね~』『格好いいもんね~!』と褒め称えておいた。」(23歳/総務)

合コンや大勢の飲み会などとは違って、男性と二人きりの場合は無視できないことも。

そんな時は逆に「彼のモテ自慢」を楽しむ感じで過剰に褒め称えてみましょう。過剰に褒めた時の彼の反応で、男性を二つに分けることができます。
「俺ってすごいモテるんだな」と益々勘違いするタイプと、「あれ…?もしかして俺バカにされてる…?」と現状に気付くタイプです。

後者のタイプだったら、まだ改善の余地はありそう。「ちょっと格好つけたかったんだな」と大目に見てあげても良さそうです。

逆に前者の場合は、付き合っても苦労すること間違いなし。これを機にさよならしてしまいましょう。

3.追いつめる

「モテ自慢の中に、ちょいちょい元カノの悪口も入っていた。イラッとしたので『じゃあ女子の気持ち何でも分かるんだ~その割に…(笑)』『何でモテるのに今彼女いないの?』と彼を追いつめました。」(25歳/クリエイター)

こちらはかなりドSですね。でも家に帰って「あの男マジでムカつくわ~!」とイライラするくらいなら、思ったことをその場ではっきり言った方が、精神的には良いかもしれません。男性も「女性から見たら俺ってたいしたことないんだ…」と気付くかも。

彼の勘違い暴走を食い止めてあげるという点からも、ある意味正しいあしらい方と言えそうです。

4.空気のように扱う

「話したってどうせ自慢ばっかり。そんな人と話しても時間の無駄なので、いないものとして扱います。」(21歳/大学生)

1、2、3の全ての方法を試してもどうにもならない場合は、もう仕方がないので彼を空気とみなしましょう。

そうすれば自然と彼のモテ自慢も、店内のBGMのように聞こえてくるはずです。

おわりに

いかがでしたか?なかなか面倒くさい男性のモテ自慢。なんとかこれらの方法を使って、その場をやりきってくださいね!(和/ライター)

(ハウコレ編集部)