2011.03.31

ヒトカラが大好きなあなたへ♪高得点も夢じゃない!カラオケ採点攻略法

友達と遊ぶ時や飲み会の二次会などで行く機会の多いカラオケですが、そのカラオケの採点機能で遊んだことのある方も多いのではなでしょうか。

 

ここではカラオケの採点で高得点を取るためにDAMの精密採点シリーズ共通のコツから紹介していきたいと思います。


採点の前提

まず言っておかなければならないのが、採点の得点が高い=歌が上手いということでは必ずしもないということです。逆に歌が上手くても採点の点数が高くならないこともあります。

 

ですが点数が高いというの規定の音程に合わせて歌うことができているということですのである程度は歌唱力の目安とすることはできるかもしれません。

 

ここから先は歌が上手くなる方法より採点で高い点数を取る方法をメインに紹介していきます。

 

そして採点機は機械です。だからまずその機械に声を拾ってもらうためにマイクに向かってはっきりと歌うことが大切なことです。

 

声は大きい方が上よく採点されやすいのですが、声を小さくすることで点数につながるテクニックもあります。これは後々紹介します。


カラオケでの飲食で歌に影響するもの

カラオケで飲食することも多いでしょうが、点数にこだわる場合はここにも注意する点があります。まず本当は歌う前に飲食しないのがベストです。胃に物が入っていると普通は歌いにくくなるのです。

 

飲み物に関してですがウーロン茶やオレンジ(本物の果汁)は喉の油分を洗い流してしまうため歌う時には良い飲み物とは言えないようです。言うまでもなく、アルコール類を呑んで酔っ払うと音程が取りにくくなります。

 

そうはいっても飲み会の二次会などでは飲食することが多いでしょうからできる限りといったところで、頭に留めてもらえれば幸いです。

 

音程

基本点数を決めるのはなんといっても音程です。

 

しかし音程に関してはあまり小手先のテクニックは使えませんので、曲を聞きこんで正しい音程で歌えるように努力するしかないですが、カラオケの採点基準は原曲ではなくてカラオケに設定されているガイドメロディーというものなのです。

 

カラオケのデンモクでガイドメロディーを大きく音で流すなどの設定もできますので利用してみてはいかがでしょうか。

 

そしてBBサイバーダムにはついてないのですが、プレミアダムやライブダムなどの新しい機種で採点をすると規定の旋律と自分の歌った音程が上に表示されますので、そちらも音程をとる時には参考になると思います。

 

テクニック1

みなさんお待ちかねのテクニックです。

 

まず簡単にできるのに点数に大きな影響を与えるのが抑揚です。

 

抑揚とは抑えるところは抑えて、盛り上がる時に盛りあがるものなのですが要するにサビは大きい声で歌って他は小さい声で歌うということです。これを意識して歌えば採点結果の画面の抑揚ゲージが上がり、点数も音程の適合率よりだいぶ割高になります。

 

マイクと口の距離を調節することが有効なこともあるそうです。ただ注意しなければならないのは小さい声で歌いすぎて機械が声を拾えなくならないようにすることですね。

テクニック2

無印の精密採点では右上に表示されて気になるのがしゃくりとビブラートですよね。

 

しゃくりは音程を低い音から上げて本来の音程に近づけた時に判定されます。ですがこのしゃくりというのはほぼ採点に影響を与えません。

 

次にビブラートですがこれはできるようになるのはなかなか難しいです。しかしできるようになれば採点結果に加点されます。

 

ビブラートとは音程を上下させて声を震わせることで立体的な歌声を出すテクニックです。練習方法としては高い声と低い声を交互に出して徐々にその感覚をせばめていくなどですね。またビブラートが上手い歌手の方を参考にするといいかもしれません。

 

またテクニックとは言えないかもしれませんが、最後まで歌わないと点数は低めになるので採点結果を良くしたいならば最後まで歌いましょう。

 

関連キーワード

関連記事