「誰からでもいいから…!」とにかくチョコが欲しい男子の言動・4選


バレンタインはモテる男子にもそうでない男子にも平等にやってきます。
モテる男子は何もしなくてもチョコがわんさか貰えるからいいですが、モテない男子はそうはいきません。
何とか一つでもチョコをゲットするために、あの手この手を駆使しています。

そこで今回は「とにかくチョコが欲しい男子の言動」について10代~20代男女にアンケートを取ってきました。チョコを切望している男子にあげたら、お返しも期待できるかも!?

1.「義理でもいいから!」と懇願してくる

「もう恥は捨てる!チョコをくれそうな優しい女子に『義理でいいからちょうだい~!』と頼んでおきます。」(20歳男性/大学生)

ところ構わずチョコを頼んでくる人は、とりあえず誰でも良いから「俺にチョコを恵んで!」といった感じなんでしょう。

このようなタイプの男性は清々しいので、義理チョコをあげても良さそう。きっと素直に「嬉しい!ありがとう!」と受け取ってくれるはずですよ。

2.「チョコくれる人リスト」を作成している

「いつもは授業中爆睡している男子が、熱心に紙に何かを書いていた。
恐る恐るチラ見してみると『チョコをくれそうな女子リスト』を作っていた(笑)」(17歳女性/高校生)

見ている方は思わず笑ってしまいますが、男子は真剣そのもの。
また電車や教室で男性同士が「あいつはチョコくれるんじゃね?」「今年は最低でも○個はゲットできそうだわ~!」などとコソコソ話していたら、それもバレンタインが気になってしょうがないということ。彼らの言動をさりげなくチェックしてみましょう。

3.用もないのに放課後いつまでも残っている

「バレンタインは放課後が勝負でしょ!『本当はチョコを渡したいけど恥ずかしくてあげられない…』っていう子もいるかもしれないし。
とりあえず教室に残っていれば余りものがもらえるかもしれないしね…。」(17歳男性/高校生)


普段は早々と部活に行く男子も「もしかしたら誰かチョコをくれるかもしれない…」と思い、この日ばかりは教室に残るんだとか。

彼らのけなげな行動に応えるためにも、義理チョコは少し多めに持参していきましょう。

4.バレンタインのうんちくを語りだす

「『しょせんバレンタインはチョコレート会社がはじめたチョコを売るための戦略だし…。
俺は虫歯になりたくないからチョコは遠慮しとくわ』などと一人で語りだす男子。『あぁ…とりあえずチョコが欲しいのね…』って思う。」(21歳女性/大学生)

こういう男子たまにいますよね。きっと「なんであいつはチョコをいっぱい貰えるのに、俺は一つも貰えないんだ…。
くそっ…これは企業の責任だ!」と開き直っているんだと思います。

もしクラスの男子がこのようなことをブツブツ語りだしたら…。「そんなにチョコが欲しいの?」と聞いてあげましょう。

おわりに

いかがでしたか?
女性はチョコを渡す側なのであまり深く考えませんが、もし自分が「チョコを一個も貰えないタイプの男」だったら、バレンタインはやっぱり少し憂鬱かも。

同じクラスや部活の男子には、日ごろのお礼と称して義理チョコを配ってみてもいいかもしれませんね。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)
(大倉士門/モデル)