2016.02.01

エレメント占星術でみる!風(双子・天秤・水瓶)の相性の手引き 上司・部下編

星占いに使う12星座は、次の4つのグループに分けられます。まずは行動的な火のグループ(牡羊座、獅子座、射手座)、現実的な地のグループ(牡牛座、乙女座、山羊座)、知的な風のグループ(双子座、天秤座、水瓶座)、そして情緒的な水のグループ(蟹座、蠍座、魚座)です。ここでは、4つのグループから見たそれぞれのグループとの相性について、上司・部下についてご紹介していきます。今回は、その中の風のグループ(双子座、天秤座、水瓶座)から見た各グループとの相性をみていきましょう!

風のグループと火のグループ: コミュニケーションを大切にすれば摩擦なし

火が上司で風が部下の場合、情熱的な上司が合理的な考えを好む部下をなんとか発奮させようという組み合わせです。風の部下が感情を抑え、火の上司の衝動的な面を刺激しないように心がけると上手くいくでしょう。一方で、風が上司で火が部下の場合、上司はストレートに部下に命令しがちになるため、反感をかいやすい傾向があります。少しお互いのコミュニケーションを円滑にすると摩擦が生じないはず

風のグループと土のグループ: 苦手分野を補い合える関係性

土が上司で風が部下の場合、上司の激しい感情を土が吸収して鎮静化することができる良い相性。忠実に指示を守ってくれる土に対して、風はいつも安心して仕事を振ることが出来るでしょう。一方、上司が風で部下が土の場合は、実務的な部分は上司が取り仕切り、部下が情報や資料を集めるようにすると最高と言えます。この組み合わせ同士は、守りに強いチームと言えそうです。

風のグループと風のグループ:似た者同士なので目下が一歩下がる姿勢を

風と風が上司・部下である場合、頭の回転が早い者同士、すぐに気は合いますが、どちらかというと部下が上司の話によく耳を傾けることが大切です。どちらも自分の意見を聞いてもらいたいため、一歩引く姿勢が必要でしょう。仕事面においては、ほかにフォローする人が必要な関係と言えるでしょう。クールな視点をどれだけ持てるかが、結果を出せるかどうかの分かれ目になると言えるでしょう。

風のグループと水のグループ:お互いをリスペクトする心が必要

風が上司で水が部下の場合、部下が上司のファンのように接すると上司はごきげんになるでしょう。仕事の様々な面で部下を助け、可愛がってくれるはずです。でも、感情的になって意見を言い過ぎるとそそくさと逃げてしまうかもしれません。一方、上司が水で部下が風の場合、上司の教養や思いやりを尊敬すると、なんでも協力してくれるいい上司に早変わり。やりやすい相手になってくれるはず。

おわりに

風のグループから見た各グループの相性については、いかがでしたか?風のグループは知的でスマートなので、自分が「器用にやろう」という思いにスイッチが入りがち。スピード感が有り、センスのいいアイディアや分析力は素晴らしいのですが、風のように自由奔放だと無責任と思われることも。最後までやり遂げる姿勢を大切にすることで、自由も人気も得られるはず。人間関係に是非活かしてみてくださいね。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事