2011.04.01

無添加化粧水を手作りする方法

女性にとってプルプル美肌を保つのは永遠の課題。高級な化粧水や乳液を使う方法もありますが、無添加のシンプルコスメを使ってみるのもおススメです。手作りコスメのいいところは、安心してたっぷり使える点。自分のお肌にあわせてアレンジできるのも良いところ。基本さえ覚えてしまえば簡単に手作りできます。

準備するもの


  • 精製水 200ml (薬局で入手。ソフトコンタクトレンズ用品売り場にあります)
  • グリセリン 10ml (薬局で入手)
  • 好みのエッセンシャルオイル 4滴 (省略可)
  • 消毒用アルコール 少々
  • 保存容器 1個
  • スプレー容器 1個
  • 計量スプーン又はカップ


エッセンシャルオイルの選び方は、こちらのサイト(気軽に楽しむ手作り化粧水と自然派生活)を参考にしてみてください。

それぞれのオイルに効能がありますが、迷ったら「自分が好きな香り」にするといいですよ。

 ・エッセンシャルオイルのうち、レモン・ベルガモット・グレープフルーツ・アンジェリカルートのオイルは、光にあたるとシミになる危険性があるので避けてください。

・妊娠中は、エッセンシャルオイルの使用可否を医師に確認してください。



 

アレンジ自在の化粧水の作り方

1.保存容器や計量に使う用具をアルコールで消毒します。

アルコールをしみこませたキッチンペーパーで拭いてください。

 

 

2.グリセリンを水に混ぜます。

グリセリンと水をそれぞれ計量し、保存容器に入れてよく混ぜます。

グリセリンに保湿効果があるので、お肌の水分を閉じ込めてくれます。

 基本的な化粧水はこれでできあがり。

3.香り付けのエッセンシャルオイルを入れます。

好みのオイルを加えて振り混ぜます。

4.スプレー容器に移して使います。

冷蔵庫に保管して、使う前によく振り混ぜてください。

応用編

1.エタノールを加える

上の化粧水に、無水エタノール5mlまたは焼酎・ウォッカを10ml程度加えると、一ヶ月程度は冷蔵保存できます。

アルコールに敏感な肌質の人は、ピリピリすることがあるので注意が必要です。

2.グリセリンの量を調整

グリセリンの量を増やすと、より保湿効果の高い化粧水になります。

グリセリン自体はさわるとベタッとしているので、増やす場合はグリセリンの濃度が10%以下にするほうが良いです。

注意すること

手作りの化粧品には防腐材が入っていません。作るときは清潔さを大切に!保存は2週間を目安にします。

化粧水は冷蔵庫で保管し、2週間以内に使い切ってください。一気にたくさん作るより、少量ずつ作ってフレッシュなものを使うほうが安心です。

少しでも異常を感じたら、使用をやめてくださいね。

関連キーワード

関連記事