【七曜星風水】運が良くなる!土星のヒント

星のパワーを最大限に引き出して運気アップを目指す「七曜星風水」。
運が良くなるヒント、今回は「土星」です。

1.土星ならではの揺るぎない地位や報酬とは?

「土星」は、試練や責任を課す星だと思われていますが、それだけではありません。乗り越えた先には必ず、揺るぎない地位や大きな報酬が用意されています。それは、自分自身の弱さと闘い、マイナス面をはね返して魂を浄化した者だけが得ることができる、確固とした地位や報酬だといえるでしょう。

そして、自分自身への確かな信頼という、ずっしりとした手応えも得ることができます。
その結果、迷いが吹っ切れて心身が安定し、人としての器が大きくなるのです!

そんな土星の成果物は、たとえれば、黒く硬い岩でできた優勝トロフィー。見かけは地味で、太陽のような輝きや金星のような華やかさはありません。ただしその中には、地に足がついた恵みや豊かさが、ぎっしり詰まっています。
たとえば、恋愛が成就して結婚し一家を成すことなど、最高に土星的な成果です。

2.土星の「母なる大地パワー」は最強にして絶大

「厳しい状況はコワイ」「我慢するのはイヤ」「努力なんてダサイ」…あなたが、もし心のどこかでそんな風に思っているなら、もったいないですね。なぜなら、厳しい状況を切り抜けたり我慢や努力するほかには、土星の母なる大地パワーとつながる道はないからです!

土星は、いわば “精神のダイエットを強いる” みたいな働きもします。
肉体のダイエットが美しいプロポーションをもたらすのに対し、土星は、色あせることない本物の成功や幸せをもたらすでしょう。

そして、母なる大地パワーは最強にして絶大!しかも、もたらされた成果は不動。ダイエットみたいに、リバウンドすることもありません。最高裁の裁判官が判決を下すように、あなたの成功も地位も確定し、決してくつがえらないのです。

3.まずは目の前の一歩から

1年後の目標を立てるとしましょう。
その目標のために必要な行動である「To Do List」が山のようにあるとします。
一気に山を征服することはできません。

ここからは単純に、算数です。
「To Do List」を1ヶ月ごとに分けます。つまり12等分します。さらに、12等分した「To Do List」の、1日分を割り出します。

1日分の「To Do List」は、目の前の一歩というわけです。
たとえば “英単語を365覚える” という目標なら、1日に一語を覚えればいい、ということですね。

4.土星がつかさどる「時」を味方につけよう!

10代や20代の若さはキラキラ輝いていて、その輝きそのものが魅力ではあります。でも、それだけでは同性代の他の女性もあなたも同じ、ということになりますね。たとえばもし、アンティーク・テイストのファッションや祖母からゆずり受けた和服を着こなしたりすれば、あなたの魅力は、がぜん厚みを増すでしょう。
見かけだけでなく、茶道や礼法など伝統的な習いごとで、古風な教養を身につけると、さらにGOOD。

そして、あなたが30代以降なら逆に、時をさかのぼるように “時間差によるメリハリ” をつけましょう。年齢相応の服装やヘア&メイクに、帽子やバッグや靴などで、最新トレンドの味つけをプラスするのです。あからさまな若造りのメイクや服は、むしろ老けて見えてしまいがちですが、流行の小物使いならセンスの良さが光るでしょう。
さらに、最近人気の趣味やスポーツにチャレンジしましょう。たとえば、市販グッズの組み合わせによるファッション・アイテムや雑貨などのカスタマイズとか、オリンピック種目候補として注目を集めているボルダリングなど。

これこそが、土星ならではの「時」を味方につけるタイム・マジックです!

おわりに

成功も幸せも、ただでは手に入らないのは当然のこと。苦労して手に入れるから価値があるのですね。
そう考えれば、辛さも疲れも充実感に変わっていくでしょう。そんな、土星的に “成熟した大人の価値観” をプラスして、運気を良くしましょう!(隆速治沙/ライター)

(ハウコレ編集部)