結婚願望のある女性が気軽に同棲をしない方がいい理由・5つ


好きな人と一緒にいたいと思うのは自然なこと。「一緒に暮らしたら絶対楽しい」と希望を胸に同棲を始める男女は多いですが……ちょーっと待った!

同棲には、してみて初めて分かる苦しみがたくさん潜んでいます。特に、結婚願望がある女性は辛くなってくる可能性が高いので、オススメはしません。
 
では同棲すると一体何がどう辛くなってくるのか? 代表的な例を説明します。

1.彼の結婚願望がなくなる

いつでも会える、いつでもセックスできる。これらは結婚することで手に入る大きなメリットです。
男性にとっては最も大きいメリットと言っていいかもしれません。それを、ほとんどコストをかけずに手に入れられるのが同棲です。

「あれ?もう結婚しなくてもよくない?」。彼がそう思い始めてしまったら、さあ大変!
今後結婚についてくるのは、面倒な親戚づきあいや、他の女性とうかつに会えなくなるなどのデメリットばかり。
結婚に気持ちを向けさせるのは至難の技となります。

2.彼の性欲もなくなる

いつでもセックスできる。そうなると性欲も減退します。今しないと次いつできるか分からない!

そんな切迫感があるから.「今日は絶対する」と意気盛んになるし、「するべきかしないべきか」となったとき、する方を選ぶのです。

もちろん結婚したカップルでもセックスレスにはなります。でも、「結婚してからセックスレス」と「結婚する前からセックスレス」は似て非なるもの。

前者は別れるケースもありますが、なんだかんだ一生を共にするケースも多いです。そして後者は結婚する前に別れるケースが多いです(法的な拘束力の有無も影響しているにせよ)。

3.気持ちは夫婦なのに他人扱い

一緒に暮らしていると、戸籍上では夫婦じゃなくても気持ちは夫婦同然になります。少なくとも家族のような感覚になります。

ところが、彼が事故に遭ったり怪我や病気で病院に運ばれたりしたとき、同棲しているだけの関係では彼の家族だと名乗ることができません。

当然といえば当然のことなのですが、社会からは彼のパートナーとして認められていないんだ、という事実はズシンと胸にこたえるものです。

4.関係に発展性がない

人は仕事であれ趣味であれ、大切にしているものや頑張っているものには、何かしらの変化や発展を望むもの。

しかし、同棲にはそれがありません。2人だけで完結され、目標がなく、他人を巻き込むこともないからです。
何も変わらず膠着した毎日に、ジワジワと閉塞感を感じ始める女性は少なくありません。

5.そして時間ばかりが過ぎる

結婚を望む女性は、程度の差はあれ、自分の年齢を意識しているもの。若々しい外見や子供を産む能力は永遠のものではない、だから早く結婚して心身を安定させたい。そう願うのは自然なことだと思います。

しかし、その願いは同棲では満たされません。時間だけがどんどん過ぎ、若さがジワジワ失われ、何も積み重ねられていかない恐怖。彼は一生結婚してくれないかもという不安。

そんなネガティブな感情によって、彼氏への愛情はいつしか「結婚してくれなかったら困る」という執着に変わっていきます。

そんな彼女を見て、彼氏はますます結婚に対する意欲を失ってしまうのです。

おわりに

同棲は男性にとって、結婚のいいとこ取り。「結婚することで俺にメリット……ない!」と感じた場合でも、「結婚しないと彼女に悪いしな」と思ってくれる彼氏ならいいのですが、そうでない場合、女性が苦しむことになります。好きだから簡単に別れられないのが、またシンドイ!

なんだか恐怖情報を並べたような記事になってしまいましたが、女性が結婚にこだわらないなら何も問題ありません。

ただ、結婚したいなら同棲はハイリスク・ローリターン。それでもしたい場合は、お互いの親に了承を取った上で、期間限定でするのをオススメします!(ヨダエリ/ライター)

(ハウコレ編集部)