2011.04.05

たのしみながら節約♪ 同じものをより安い値段で手に入れる方法

節約したいけど、生活水準は落としたくない!

そんな人のための「同じものをより安い値段で手に入れる」節約術を紹介します。

より安い飲み物を求めて

ペットボトルの飲み物をかばんに入れておく人も多いのではないでしょうか。

 

頻繁に口にする飲み物で出費を重ねれば、ちりも積もって大きな金額になります。

 

飲み物の値段はコンビニと薬局では薬局の方がそうとう安いことがほとんどです。

 

薬局がなければ100円ショップでも同じくらいの安さで飲み物を売っています。

 

行く余裕があるならばコンビニよりこっちを利用しましょう。


服は値下がりするのを待とう

洋服は季節の変わり目に安くなります。

 

お気に入りの洋服屋さんにはちょくちょく価格調査も兼ねて服を見ることを楽しみに行くといいでしょう。

 

また格安でかごに入れられて売られている服などはインナーに利用するなどするといいでしょう。

 

 

中古品やレンタルを利用しよう

中古品ならば値段は大きく下がります。

 

いうまでもなくゲームなどは中古品であってもゲームの内容には全く変わりはないのでどんどん利用しましょう。

 

また節約するためには物を買わないでレンタルで済ますのも有効です。

 

物を買うのとレンタルでは楽しめる内容は同じでもかかる費用に大きな差がでますからね。

 

 

割引を利用しよう

商品を買う前や飲食店などに行く前にそのお店のホームページを調べてみましょう。

 

割引券を印刷できるケースが多くあります。今流行の割引クーポンならクーポンまとめサイトがオススメです。

 

また割引券は新聞と一緒に入ってくる広告に入っていることもあるのでチェックしておきましょう。

 

インターネットで価格比較をしよう

ネットショッピングを利用する場合、簡単に価格を比較することができます。

 

またネットショッピングは送料がかかる場合もありますが、お店で買うよりも安く商品を買うことができる可能性も高いです。

 

支払い方法は様々ありますし、クレジットカードを持ってなくても着払いなどできる場合も多いです。

 

関連記事