2016.02.11

危険!!実は男の子が全くときめいていない女の子のキャラ・5つ

こんにちは。
ハウコレライターの神野悠です。
好きな子を振り向かせたり、男の子の視線を自分に向けるために、様々な方法を試している方も多い事かと思いますが、本当に相手がぐっときているのかって中々分からないですよね。

今回は、男の子がときめくどころか「それはちょっと…」と思っている行動やキャラをご紹介したいと思います。

1.細すぎる身体

「女の子ってダイエットしたりカロリー制限してる子多いけど、折れそうなくらい細い子は不健康に見えてときめいたりはしないですね。健康的な身体の方が可愛いって思うし、一緒にも歩きやすいです」(21歳/大学生)

「細ければいいってもんでもないですよね。シルエットのバランスが良い子の方がもちろんぐっときますよ」(25歳/コンサル)

女の子なら少しでも細くなって洋服を着こなしたい!と思うものですが、がりがりに痩せてしまうのは全くの逆効果。

どうしても不健康という印象を相手に与えてしまいます。
自分の身長に見合う体型で十分と思っている男性の方が多数派です。
無理なダイエットはやめましょう!

2.萌え袖

「最近話題の萌え袖?っていうのは何なんでしょう…全く萌えませんし、萌える人の理由が分かりません…」(20歳/大学生)

漫画の世界だと可愛く見える萌え袖も、現実でするとサイズ感が合っていないように見えたり、逆に腕が短く見えたり…。

着こなして、かつ男の子に可愛いと思ってもらうのは難易度が高いです。
「袖が色んなところに擦れて汚い…」なんていう現実的な意見もありましたよ…。萌え袖をしている方は少し注意が必要です。

3.何かにつけてスローペース

「マイペースなのは良いけど、なんでもかんでもやたら遅い子、守ってあげたくなるとか思わないですからね、イライラするだけですから」(26歳/会社員)

喋るのも、食べるのも、準備をするのもゆっくり。
同性から見て女の子らしいと思う事も、男の子からするともはやイライラの種になってしまうこともあるようです。

何人かと行動を共にするときは、平均的なスピードを心がけましょう。

4.失恋後のやけ酒

「失恋したり、嫌なことがあるとお酒に逃げる女の子いるじゃないですか。あれはダメですね。綺麗じゃないというか、悲劇のヒロインぶっているというか…」

映画やドラマだと、失恋後にバーで男の子に愚痴を聞いてもらって、新たな恋が…。
なんていう展開がよくありますが、あくまでフィクションでの出来事。

怒りが収まらない人は、女友達と飲みに行く方が吉です。失恋した後でも、男の子に愚痴をこぼすのは控えてくださいね。

5.天然キャラ

「天然な子。可愛いって言ってるのは社交辞令です」(25歳/会社員)

「素で天然な子には申し訳ないですけど、あまりにも素っ頓狂なこと言ったり、してたりすると彼女にするのはちょっと…って距離はおいてしまいます。
天然キャラは良い事ないと思いますよ」(27歳/教師)

天然キャラは意見が分かれるところですが、わざとキャラを演じるくらいなら選ぶ必要はなさそうです。狙ってやっていると思われがちですし、同性からの評価もよくないですよね。

失敗すれば、常識のないイタい子とも思われかねません。可愛さは天然でなくても生まれるはず!キャラを演じている人は、今すぐやめましょう。

おわりに

いかがでしたか?
「こうなりたい!」と思う事と、男の子からの見え方は違うことをいつも頭に入れておきたいですね。

ひとつでも当てはまってしまった方は少し考え直してみてください!(神野悠/ライター)

(ハウコレ編集部)
(大倉士門/モデル)

関連記事