2016.02.11

もうすぐ「あの季節」。みんなのバレンタインの思い出に学ぶ!

もうすぐバレンタイン!
男の子も女の子も、彼氏・彼女がいる子もいない子も、なんとなく落ち着かなくなる季節ですよね。

今回は、バレンタインの思い出について聞いてみました!
早速、見ていきましょう。

1.好きだった人と付き合えた

「去年のバレンタインに片想い中の彼にチョコあげようか迷ってたら彼からちょーだいって言われてあげられた!
その2ヶ月後に付き合うことができて、今年は堂々と本命チョコ渡せます!」(18才 / 女性 / 高校生) 

「隣のクラスの好きな人にチョコ渡したいけどタイミングがなくて結局放課後になって下駄箱に行ったら彼が「好きって思ってたの俺だけ?〇〇はどうなの」って言われてチョコ渡して付き合いました笑 」(20才 / 女性 / 大学生) 

一番の思い出は、やっぱり『好きな人と付き合えた』こと!
好きな人からチョコを促されて、バレンタインをキッカケに付き合うパターンが非常に多かったので、告白する勇気がない!という人もチョコを準備しておくと、いざというときにも対応できるかも?

2.当日に渡せず…

「好きな人にチョコを渡せなくて友達の男子にあげた...」 
(17才 / 女性 / 高校生) 

「中学の時、好きだった先輩にチョコを作って渡そうとしたけどなかなか渡せず‥。 
結局渡すまでの3日間、毎日チョコを作って学校に持って行ってました。」(27才 / 女性 / その他) 

2番目は、『準備したけど、渡せなかった』こと。
勇気が出ずに諦めた方も多かったです。渡せるまで毎日チョコを準備するのはすごい根気ですね!

3.トラブル・ハプニング

「好きな人の家に渡しに行こうとしたらその人の家のインターホンが壊れてた(笑)」(18才 / 女性 / 高校生) 

「好きな人に渡しに行ったらその日その人が休みだった。」(16才 / 女性 / 高校生) 

3番目は、バレンタインのトラブル・ハプニングです。
インターホン壊れていた方、このあとどうしたのでしょうか?(笑)

4.恥ずかしくなって…

「気になってて、お互いになんとなくいい感じだった男の子に友チョコをあげることになって、その人のチョコだけ特別なのにしたのに、いざ渡す時にそれが言えなくて、ホントにただの友チョコになっちゃった。ほろ苦。 」(20才 / 女性 / 大学生) 

「1年片思いしてた人にチョコを作ったがラッピングに納得いかず朝までかかり学校に遅刻してしまった(笑)結局恥ずかしくて『はいっ!』ってあげて逃げ去った(笑) 」(20才 / 女性 / その他) 

4番目は、恥ずかしくなってそっけなく渡してしまった失敗談。
チョコは何度も作り直せますが、渡し方は練習できないし渡し直しがききません。
せっかくなので、なんとか想いを伝えられるようにしたいですね!
でも、こんな失敗談も良い思い出です。

5.今でも内緒です

「作るのめんどくさくて、買ってきたものを少しデコレーションした笑 」
(17才 / 女性 / 高校生) 

「高校の頃、彼氏に手作りする自信はなかったのに、期待されてたので町の裏路地にあった小さなお菓子屋さんで偶然見つけたハート型のガトーショコラを手作りとして渡した(笑)今でもバラしてません。 」(21才 / 女性 / 大学生) 

手作りと見せかけちゃった内緒話をご紹介!(笑)
女子同士だと、「もしや…?」と分かりそうですが、男子はこの点鈍いので安心ですね!(笑)

もしも手作りに失敗して既製品を渡すことになっても、バレないように、あまりメジャーではないものを買いましょう!

6.長年の想いが…

「中学1年生のバレンタインの時、 好きな人に告白したけど、 振られました。 それでも私は諦めきれず 彼のことをずっと想っていると、 中学3年生になった春。 
彼から告白されました。 ずっと一途に想っていると いつかは叶うのかな。と そのとき感じました」(18才 / 女性 / 大学生) 

「毎年義理として渡し続けてきた手作りチョコ!10年目にして本命チョコとして渡すことができ、幸せになりました」(25才 / 女性 / 医療・福祉)

最後は、長期戦の末の恋愛成就!一生懸命思い続ければ、届く思いってあるんですね。
去年のリベンジに燃えている方、頑張ってください!

おわりに

いかがでしたか?
私自身は、なぜかバレンタインに彼氏とケンカをしていることが多く、良い思い出がなかったので(今となっては、全て良い思い出ですが…)みなさんがうらやましかったです。

今年も、素敵な思い出となるバレンタインになりますように!(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)
(伊東亜梨沙/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事