コレだけは気をつけて!カップルが「旅行」でケンカになる原因・4つ


彼氏との「旅行」はとても楽しいものですが、ケンカも起こってしまいやすいものでもあります。

最悪の場合、それが原因で破局してしまうなんてこともあり得ますので、十分注意が必要でしょう。

そこで今回は、カップルが「旅行」でケンカになってしまいやすい原因について紹介します。

1.忘れ物をしてしまう

「飛行機のチケットを忘れてきたときは、さすがにイラっとしてしまいました。
一番忘れてはいけないはずの物を忘れるって、はっきり言ってあり得ないですよね」(33歳/美容師)

チケットなどの忘れ物をしてしまうと、旅行がそこで一旦ストップしてしまいます。
その後の予定なども、全て台無しになってしまう可能性もあるので、男性をイラつかせてしまうでしょう。

旅行中に立ち寄ったお店に携帯電話を置き忘れてきてしまうなども、かなり面倒なことになってしまうので注意しましょう。
だらしない女性というイメージにもなってしまいますよ。

2.段取りが悪すぎる

「時間の使い方が下手すぎて、行きたかったところなどに行けなかったりすると、険悪なムードになっちゃいますよね。
気まずい空気の旅行って最悪ですよ…」(29歳/システムエンジニア)

あまりにも段取りが悪すぎると、お目当ての場所に行けなかったりしてしまい、お互いにイライラしてしまうだけです。

それでは旅行を楽しめないですし、嫌な思い出として後々にも残ってしまいかねません。

全てにおいて時間をきっちりと決めて、その計画通りに進めるなんてことはする必要はないですが、ここだけは行きたいという場所への時間配分くらいは考えておくべきでしょう。

3.行きたい場所が合わない

「買い物ばっかり付き合わされて、本当にうんざりでしたね。
せっかくの旅行なんだから、景色を見たりとか、お寺巡りをしに行ったりとかしたかったのに…」(25歳/マスコミ)

カップルの旅行先でのケンカで、一番ありがちなのがコレでしょう。
行きたい場所や行動パターンが全く合わないことで、お互いにストレスが溜まってしまうのです。

どちらかに合わせるよりも、「午前中はあなたの行きたいところに付き合うから、午後は私の行きたいところに付き合ってね」といったような提案をしてあげるといいでしょう。

これであれば変なわだかりもなく、2人とも旅行を楽しむことができるはずですよ。

4.計画を丸投げしている

「全く何も手伝わず、こっちで全部用意しなきゃいけない旅行って、腹が立ちますね。
接待しているみたいな気分になって、『何様だよ!』って思っちゃいます」(30歳/商社)

カップルの旅行の醍醐味は、2人で色々と計画し合って、2人で準備をしていくところにあります。
その時間が2人の絆をさらに深めますし、より仲良しになれる時間でもあるでしょう。

全てを彼に任せてしまい、旅行中もただ彼について行くだけといった感じだと、男性としては添乗員さんになったかのような気分でしょう。

男性に「どこか行きたいところある?」と聞かれて、「任せるよ」なんて言ってしまったら、本当に怒らせてしまいますよ。

おわりに

旅行中のケンカは、本当に最悪な気分になりますし、せっかくの楽しい時間が台無しになってしまいます。

より愛が深まるような旅行にするためにも、ケンカの原因となりそうな行動は、なるべくしないように心がけるべきでしょう。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)