2016.02.14

ユング心理学×西洋占星術でわかるあなたの本質 双子座編8タイプ

ドイツの心理学者ユングは、質問により人の性格を「思考・感情・感覚・直感」の4タイプに「内向・外向」の2類型を合わせた計8タイプに分類しています。その8タイプ分類に、西洋占星術の「12星座」を組み合わせ、より詳しく96タイプの性格を解説するのが、この「ユング心理占星術」。心理学と占いの観点から、科学的に96通りの性格とその相性、運勢をご紹介致します。今回は双子座についてみてみましょう。

まずは、このテストに答えてください。次のうち一番近いものを選んでみましょう。
Q.突然、知り合いから苦手だと言われました。その時、あなたはどう対処しますか?
1、原因を冷静に分析する   2、相手の言葉の意味を考える
3、自分の好き嫌いで決める  4、感情はあるが顔には出さない
5、自分のセンスで判断する  6、自分の世界の中で完結させる
7、ひらめきで本質を把握する 8、占いやフィーリングのままに

それでは、双子座のあなたの選んだ番号を見ていきましょう。

思考型×双子座

1のあなたは、知識や情報を柔軟に取り入れ、自分なりの言葉に置き換えて周囲に発信していける双子座。弁舌さわやかで会話も上手く、まさに双子座の中の双子座と言えるでしょう。ただし、言葉が巧みすぎて中身が伴わないと誤解されないように気をつけて。
2のあなたは、自分なりの考えや価値観を持っており、社会や人を分析し把握するのが得意な双子座でしょう。客観的に物事を捉える側面と、主観的な意見を持っているので、ビジネスの場面では重宝されるでしょう。ややクールで冷たいと思われがちかもしれません。

感情型×双子座

3のあなたは、自分の気持ちや思いを言葉に乗せて表現するのが得意な双子座。感情的に見えてもどこか理知的な雰囲気があり、いつの間にか自分のペースに相手を引き込むのが得意でしょう。やや八方美人な面があるので、約束事はしっかりと守りましょう。
4のあなたは、爽やかな印象の裏に煮えたぎる感情を持ち合わせた表裏一体の双子座。自分の思いを心に秘めて、それをエネルギーに変えていけるでしょう。共感力が高いので、人を繋いだり、カウンセラーとしても優秀と言えます。ストレスを溜めやすいので注意。

感覚型×双子座

5のあなたは、フィーリングと心地よさで世の中を渡り歩く双子座。人の欲望に対する嗅覚が鋭く、それを提供するのが上手と言えます。自分の感じているものをストレートにアピールできるため、敵も多いのですが味方も多いでしょう。一言多いので口に気をつけて。
6のあなたは、自分の満足のいくものをスピーディーに追い求める双子座。自分なりのセンスや美意識があり、それに反することを好まない性格と言えます。そのため、やや気難しい一面があると思われがちかも。しかし、新しい風を環境に吹き込む力の持ち主です。

直感型×双子座

7のあなたは、ひらめきと話術で人心を巧みに掴む、人好きのする双子座。計算高いようで純粋な面もあり、不可思議な性格の持ち主と言えるでしょう。どこか抜けているようで、流行や情報を掴み取る力は人一倍。ただ、少しせっかちすぎるのがたまにキズかも。
8のあなたは、精神世界を言葉に変えて発信していける双子座。たまに何を言っているのか分からないけど、ときおり周囲も驚くような発言をして感心させるかも。霊感が強いのもこのタイプで、占い師や宗教家などに向いている人も多いはず。現実感覚を忘れずに。

おわりに

これまで星占いなどで、星座で言われている自分と実際の自分が違っていた、なんてことはありませんでしたか?それはこのユング心理学のタイプ論を併せてみることで修正されるはず。ユング心理学では、本来のその人の持つ本質を正しく理解することで、自己表現力や他人への理解力が高まるとされます。つまり、占いだけでなく、心とよく向き合って、性格に合わせた心地いい生き方を選ぶことが重要なのです。あなたの心の本質と生まれ持った先天的な資質を組み合わせれば、きっと自分でもしらない自分が見えてくるでしょう。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事