エレメント占星術でみる!火(牡羊・獅子・射手)の相性の手引き 同僚編

星占いに使う12星座は、次の4つのグループに分けられます。まずは行動的な火のグループ(牡羊座、獅子座、射手座)、現実的な地のグループ(牡牛座、乙女座、山羊座)、知的な風のグループ(双子座、天秤座、水瓶座)、そして情緒的な水のグループ(蟹座、蠍座、魚座)です。ここでは、4つのグループから見たそれぞれのグループとの相性について、ビジネスにおける同僚との関係についてご紹介していきます。今回は、その中の火のグループ(牡羊座、獅子座、射手座)から見た各グループとの相性をみていきましょう!

火のグループと火のグループ:アラ探しをやめて勝ち負けへの執着を捨てると高まる

火の人と火の人は、スポーツ界や体育会系の熱い友情にも似たガッツのある関係が築いていけそうです。相手のアラ探しをして責めるのではなく、成果を出すことを目標にして叱咤激励し合えば、業績はグンとアップするでしょう。全てにおいてライバル関係になりやすいので、勝ち負けにこだわらなければ、とてつもなく強力なパートナー同士になれるはずです。認め合うことで高めあえる関係でしょう。

火のグループと土のグループ:土の支えに火が感謝すれば結束し大成功が

土の人は保守的な現実思考タイプ、火の人は革新的な目的思考タイプ。一見難しそうな組み合わせですが、土がサポート役にまわることで、火は全力を出すことができます。火は土の援助に対して感謝できると、ますます良い関係に。土の支えあってこその火の活躍があるので、いったん歯車が噛み合えば、頑固な二人の固い結束力により大成功が。しかし、火が土に誠実さを欠いてしまうと関係が壊れてしまうので気をつけて。

火のグループと風のグループ:持ち場をわきまえて互いを認め合うことが大切

せっかちで場当たり的な火の人と合理主義で理性的な風の人は、同じ仕事で協力させられるような立場に置かれるとあまり気が合わないかもしれません。むしろ、持ち場を分けたほうが大きな成果が出るでしょう。火の向上心を褒めたたえ、風の優れた集中力をお互いに認め合うと、うまくいく関係に。それぞれの進むべき目標が決まれば、刺激的な関係が功を奏す好相性と言えます。

火のグループと水のグループ:水が火に目的を与えることで和やかに

水の人と火の人は、火の意見に水が従う関係です。ワンマンになりがちな火は水に無理な注文を押し付けない配慮が必要でしょう。水が火に課題やテーマを与えてあげると、火はそれに向かって突き進んでいくので、ふたりの関係もギスギスせず和やかになれるはずです。気をつけるべきは、火が合理性を求めるあまり自分の狭い考えに固執すること。水も善悪を無視した博愛に走りすぎる態度を改善すると、二人はより好相性となるでしょう。

おわりに

火のグループから見た各グループの相性については、いかがでしたか?火のグループは正義感が強く、負けず嫌いなので恋愛・仕事を問わず、自分が「勝とう」という感情にスイッチが入りがち。モチベーションが高く、周囲に活力を与えられるエネルギーは素晴らしいのですが、火加減を調節しないと火傷することも。感情をコントロールすることで、人望も愛情も得られるはず。人間関係に是非活かしてみてくださいね。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード