2016.02.16

「恋愛最強ラッキー風水占い」 2月16日~2月29日

2月16日~2月29日までの恋愛占いです。風水のパワーを使って最強の恋愛運を身にまといましょう!

あなたの九星は?
<ご自身が何年生まれかによって、九星を割り出して下さい>

一白水星:昭和29年38年47年56年/平成2年11年20年生まれ
二黒土星:昭和28年37年46年55年/平成元年10年19年生まれ
三碧木星:昭和27年36年45年54年63年/平成9年18年生まれ
四緑木星:昭和26年35年44年53年62年/平成8年17年26年生まれ
五黄土星:昭和25年34年43年52年61年/平成7年16年25年生まれ
六白金星:昭和24年33年42年51年60年/平成6年15年24年生まれ
七赤金星:昭和23年32年41年50年59年/平成5年14年23年生まれ
八白土星:昭和22年31年40年49年58年/平成4年13年22年生まれ
九紫火星:昭和21年30年39年48年57年/平成3年12年21年生まれ

その年の節分以前の生まれの方は、前の年生まれとして見て下さい。
(例:平成2年1月15日生まれの方の星は「二黒土星」です。)

一白水星

素敵な出会いを求めるのならば、今はより一層行動に移していく必要があります。この時期を有効に使わない手はありません。合コンでもデートでも、誘われたらとりあえず出かけてみることで恋愛運は大きくアップしていきます。

◆ラッキーカラー:グリーン
◆ラッキーナンバー:8
◆ラッキーメニュー:麻婆豆腐

二黒土星

少し気持ちにブレーキがかかりそうですが、それはあなたが慎重になりすぎている証拠です。楽しい恋をするには、楽しい恋のことだけを考える必要があります。心配や不安はそこには必要がないのです。笑顔でいれば、ブレーキもゆるんでいきます。

◆ラッキーカラー:パステルグリーン
◆ラッキーナンバー:1
◆ラッキーメニュー:唐揚げ

三碧木星

真剣なお付き合いの出来る恋愛に出会えそうです。ただし、一度決めたら簡単には後戻りできないので、答えは慎重に出しましょう。相手の話し方、行動、生活パターンなど、今のうちにチェックしておくと安心して前にすすめます。

◆ラッキーカラー:スカイブルー
◆ラッキーナンバー:2
◆ラッキーメニュー:肉豆腐

四緑木星

あなたが「いいな」と思った男性は、たいていあなたのことを「いいな」と思っています。恋の駆け引きをするよりも、自分の想いを素直にぶつけてみた方が良いでしょう。そんなあなたを彼は「かわいいな」と感じてくれることでしょう。

◆ラッキーカラー:オレンジ
◆ラッキーナンバー:6
◆ラッキーメニュー:煮魚

五黄土星

異性に優しくされることで、幸せを感じられそうです。また、その幸せが、あなたも誰かに優しくしようと思う気持ちにさせるので、良い循環が生まれます。結果的に、穏やかなあなたの人気が上がり、モテ度も高くなっていきます。

◆ラッキーカラー:パープル
◆ラッキーナンバー:5
◆ラッキーメニュー:エビマヨ

六白金星

恋は今のうちにすすめておきましょう。声をかけてみる、連絡先をきいてみる、食事に誘ってみる、どんなことでもアクションをしておくとこれから先、恋愛がスムーズにいきます。あなたから先にアクションを起こしてみるということがポイントです。

◆ラッキーカラー:パールホワイト
◆ラッキーナンバー:7
◆ラッキーメニュー:シーザーサラダ

七赤金星

もしも、今不安を抱えているのならば、それはあなたが作り出してしまった恋愛像なのです。考え方を変えてみる必要があります。「こうなったらどうしよう・・・」ではなく、「こうなったらいいな!」を思うようにしてみると、不安は消えていきます。

◆ラッキーカラー:パステルイエロー
◆ラッキーナンバー:3
◆ラッキーメニュー:手巻き寿司

八白土星

少し弱音を吐くことが多かったかもしれませんが、自分に自信が付いてきて、恋する気持ちもどんどん大きくなっていきます。この先もあなたが自信を持つことにより、恋は大きく発展していきます。チャンスは目の前に。春物のワンピースを今のうちにチェックしておきましょう。

◆ラッキーカラー:ゴールド
◆ラッキーナンバー:9
◆ラッキーメニュー:サンドウィッチ

九紫火星

レベルアップをしようと思う気持ちが、あなたの恋を活性化させるポイントとなります。自分に合うカラーを調べたり、メークやおしゃれを研究したりしてみましょう。いつもより少し大人っぽさを出してみると良いことがありそうです。

◆ラッキーカラー:カーキ色
◆ラッキーナンバー:4
◆ラッキーメニュー:担々麺

おわりに

いかがでしょうか。バレンタインからホワイトデーまでは、恋愛月間です。恋のアクションをたくさん起こしていきましょう。
(生田目浩美./ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事