2016.02.18

どうしても考えちゃう・・・。終わった恋愛を引きずってしまう人の特徴・4つ

バレンタインデーは片思い中の人にとっては一大イベントだったし、両思いのカップルにとっても愛を確認しあう大切な日になったかもしれない。

けれど世の中には残念ながら別れることになってしまったカップルだってたくさんいるよね。
お互い気持ち良くスッキリ別れられたカップルだけじゃなく、まだ相手に対して未練を残したままになっている子もいたりして。

今回は、終わったはずの恋なのに後々まで引きずってしまう女子の特徴を一緒に見ていこう。

1.元カレを美化している

好きな男子に振られちゃうのは誰だって嫌なもの。別れた後でもずっと彼のことを考えては悲しみにふける日々。
思い返すにつけ「あんな素敵な人にはもう出会えない……」なんて絶望したくなっちゃうよね。

だけどよくよく話を聞いてみると、未練を残している女子たちは出会ったときの優しい彼のイメージだけが強く残っていたりするんだ。

実際には浮気されたり雑に扱われている時間のほうが多かったのにも関わらず、以前の優しくしてくれた彼が真実の彼で、悪い時の彼は偽物だと無意識的に感じている。
距離が離れた分だけノイズが除去されて実物よりも素晴らしいものに見えてしまうんだね。

2.それまでの過去がつらかった

元カレの悪い所まで美化しているわけではなく、普通に素晴らしい彼だったと思っている女子もいるよ。
といっても芸能人みたいに人並み外れて魅力的な男子だったっていうんじゃなく、周りからすればどこにでもいる普通の彼。

なのにどうしてそこまで彼女の中での評価が高くなっているのかっていうと、それまでの経験がひどくつらいものだったから。
彼女がそれまでに経験してきたつらい過去に比べれば、普通のことでさえ人生で一番いいことみたいに感じられるんだ。

だから女友達から「また新しい恋ができるよ」なんて励まされても、やっぱり元カレへの未練を断ち切ることができないんだね。

3.自分に期待できない

これから再び別の恋愛をして幸せになっていく自分を思い描くことができない女子も元カレに未練を残しやすいよ。

それは自分自身に期待できていないってことで、まるで自分が悪いとか劣っているみたいに思ってしまうんだ。

元カレにひどいことをされたのに「本当はいい人なんです、彼はいつもは優しいんです、あれは彼の本心ではないんです」と彼の味方になってしまい、なんなら自分が悪いことをしたんじゃないかと感じたりして……。

彼にそんな行動を起こさせてしまう自分がひどい人間みたいに思い、そんな私と今後恋愛してくれる人はいるはずないって誤解して前に進めなくなっちゃうんだ。

4.ヒマな人

ヒマならどんどん次の恋愛ができそうって思うかもしれないけど、そうとばかりも言えないよ。
ヒマな人はたっぷり時間があるから過去を振り返る時間もとり放題。
一つのことを思い出したらそこから派生して違うことを思い出し、そこからまた派生して……みたいに芋づる式にどんどん過去を掘り進んでいっちゃうんだ。

はい上がることもできない深い穴の底で、気づけばただ一人たたずみ元カレとの思い出に浸っている。

逆に忙しいと人は過去のことを考えなくなってくるから、未練を断ち切るためには別のことを考えるのがいいんだけど、そう言われてもなかなか実行するのは難しいものだよね。

羽林由鶴からのメッセージ

好きな相手でも、嫌なことをされたら怒っていいんだよ。相手に直接言わなくてもいいから、一度しっかり言葉に出して怒って、本当の彼を見つめ直す。それが彼への未練を断ち切ることにつながるからね。

そして、別のことを考えようとしたけどできないっていう場合は、そもそも物事を考えにくい環境に出向いてみるといい。

うるさいところ、人がいるところ、動き回るところなど、考え事がしづらい環境に身をおいてみよう。周りがうるさかったり、または何かに熱中をすると、考えることが難しくなる。

未練に思っていることを考えたり思い出す回数が減っていくと、人はだんだんと忘れていくことができるよ。(羽林由鶴/ライター)
 
(ハウコレ編集部)

関連記事