テクニックじゃないんです。あなたのHスイッチをONするトレーニング


みなさんこんにちは。ラブヘルスカウンセラーの小室友里です。

Hの気持ちよさって、彼のテクニック次第だと思っていませんか?または自分のテクニック次第だと思っている人も多いのではないでしょうか。

男女コミュニケーションのスペシャリスト・ラブヘルスカウンセラー小室友里が考えるHの気持ち良さの一つに、「HスイッチをONにする」ことがあります。
男性だったら「雄イッチ(オスイッチ)」、女性だったら「雌イッチ(メスイッチ)」。

Hテクニックが足りなくても、HスイッチをONすることで二人のHはいくらでも気持ちよくすることができるのです。

頑張っているのにうまくならない、彼に気持ちいいと言ってもらえないのは、HスイッチがONに切り替えられていないせいかも!?

そんなあなたに、女性のHスイッチ「雌イッチ」をONする方法を伝授したいと思います。

1.雌イッチは集中力に左右される

雌イッチをONするために必要なもの。それは集中力です。あなたの中にウズウズしている「Hしたい!」気持ちを、あなた自身が受けとめて、性欲に素直になること。それが雌イッチONには絶対不可欠です。

その証拠に、Hの最中に集中力が途切れてしまうと、急に冷静になって気持ちが冷めてしまいますよね。違うことが気になったり、「早く終わればいいのにな」なんて考えてしまったり。

そうなってしまっては、気持ちいいはずのHだって気持ちいいはずがありません。

2.Hの環境を整えましょう

女性がHの最中に高い集中力をキープし続けるために、Hの環境を整えましょう。
あなたが一番集中力を削がれてしまうものはなんですか?

ごちゃごちゃと散らかった部屋が気になるなら、彼を呼ぶ前に片付けたり、布でカバーしてしまうなど、散らかりようが気にならないようにしてしまいます。

お財布の負担も少ないラブホテルのショートタイムを利用して、Hのことだけを考えられる時間を作ってしまうのもいいでしょう。

3.自分のH周期を知りましょう

女性は、女性ホルモンに感情を支配されています。
生理が終わった低温期は美人ホルモンのエストロゲンが分泌され、お肌ツヤツヤ、体にハリが出て、苦労せずともHムードを漂わせることができます。

逆に排卵日後の高温期はプロゲステロンが分泌され、肌荒れやイライラを引き起こし、彼とも険悪ムードになりがちです。

ひと月の間であなたがウズウズしちゃうのはいつですか?生理日メモと一緒にウズウズした日も書きだしてみましょう。
ウズウズ周期が見えてくれば、彼とデートする日が雌イッチONしやすいのか、しにくいのか、わかるようになります。

4.Hな自分を否定しないで

人間は一様に性欲を持って生まれてきます。ですから性欲はあってしかるべきもの。自分の性欲は人と違うかもしれないと、自分を否定する必要はありません。

そもそも性欲は個性のひとつなのですから、むしろ人と違っていていいのです。
「Hな私の性欲は、このままでいいんだ」

そう思えるようになった時、あなたの雌イッチは気持ちいほどにハマり、驚くほどに気持ちのいいHができるようになります。

おわりに

簡単そうに見えて、実は案外難しいHスイッチトレーニング。
今すぐにできるようにはなりません。時間と実践を積み重ねていきましょうね。(小室友里/ライター)

(ハウコレ編集部)