2016.02.19

「一緒のベッド」は卒業すべき?カレと別々のベッドで寝てみるメリット・5つ

あなたは、カレと同じベッドで寝ますか? それとも別々?
きっと、同棲や半同棲をしているカップルのほとんどが1つのベッドに2人で寝ているはず。
一緒に住んでいないカップルがお泊りするときにも、当然同じベッドで寝ていることでしょう。

タイトルを見て「え〜?」と思ったかもですが、カップルが別々のベッドで寝るメリットも、じつはたくさんあるんです。

今回は、カレとは別々のベッドでいつも寝ているという20代女子15人に集まってもらい、そのメリットについて話してもらいました。
これらを参考に、それでも同じベッドか、別々のベッドか、カレと話し合ってみてくださいね。

1.疲れが取れる〜!

「なんといっても、リラックスできることかな。それが一番の魅力。
本当に本当に単純なことだけど、寝て癒されるって大事。私は、人と寝ると疲れちゃう人だから」(営業/25才)

カレには口が裂けても言えないけど、じつは一緒に寝ると心が落ち着かないし、身体もあちこち痛くなる……。こんなふうに思っている女子は少なくないはず! 

付き合いたての今はいいかもだけど、きっとそのうち嫌になってきますよ? あなたの眠りの質が落ちちゃうようなら、別々をオススメします。

2.「今日は一緒のベッド」がエッチのサイン

「付き合って長くなると、お互いにエッチしたいサインを出すのが逆に恥ずかしくなるんだよね。
だから、普段は別々のベッドにしておくと、『今日は同じベッドで寝ていい?』っていうのがエッチのお誘いになるから、誘いやすい!」(花屋/24才)

エッチOKかどうかを教える「イエス・ノー枕」なんていうグッズもあるくらい、ベテランカップルにとってエッチのお誘いは難しいんです。

これならややこしい心理戦をしなくても、お互いにわかりやすくていいですね!

3.「たまに一緒」がすごく嬉しい

「毎日一緒に寝てると、付き合いはじめの頃の『一緒に寝られる嬉しさ』みたいなのが薄れちゃう。
だからあえて普段は別々に寝て、たまに一緒に寝るときにその嬉しさを再確認してる」(不動産/26才)

どんなものでも人は慣れてしまいますから、あんなに幸せだったはずの「カレと一緒に寝る」ってのもだんだんなんとも思わなくなっちゃいます。

でも、いつも別々に寝るようにすることで、この幸せをいつまでも感じることができますね。

4.エッチしすぎ症候群の防止

「男子って、たくさんエッチすると飽きるんだよね。エッチに飽きるだけならいいけど、彼女そのものにも飽きてくる。
毎日一緒に寝ると、毎日したがるでしょ? だから別々に寝てセーブさせてる」(営業/25才)

そういうことをするつもりなくても、ベッドに入ってくっついてると、いつの間にかエッチがはじまってるみたいなことってありますよね。

2みたいに、エッチをするのはカレが「今日は絶対したい!」って日だけにして、エッチに飽きるのを防止しましょう。

5.悪い部分を見ずに済む

「寝るときって、相手の悪い部分をいっぱい見ちゃうんだよね。いびきとか、朝機嫌悪いとか、口が臭いとか(笑)。
そういうのが原因でイライラして、ケンカになったりとかもした。だからそういうのを見なくて済むように、別々にしました」(大学院生/24才)

私の場合だと、「眠いのにいつまでも話しかけてきて、ウザい」みたいなのが思い浮かびますかね(笑)。

一緒に寝ると、どうしてもカレの悪い部分が目に入っちゃうという女子は、ひょっとしたら別々派に向いているかも。

おわりに

どうでしたか? 絶対に別々にしよう!ということじゃないけど、みんながみんな「カップルは一緒に寝るもの」みたいに考え過ぎな気もします。

最終的には、どうすればいつまでも仲良しで過ごせるかを目標に、カレとの夜の過ごし方を検討しなおしてみるのもいいかもしれませんね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事