2016.02.19

すっぴん希望!?「化粧嫌い男子」の主張とは

お泊りデートなどをしたときに、彼氏からすっぴんも可愛いなんて言われてたら、とっても嬉しいですよね。
マンネリ化した彼氏から見直されるためにはメイク方法を変えろ!と言われるほど。

でも、世の中には普段からナチュラルメイク、またはすっぴんでいてほしい!といった化粧嫌い男子も結構存在するんです。

そこで今回は、化粧嫌い男子の化粧嫌いな理由をご紹介します。

1.化粧品売り場の匂いが苦手

「デパートとかの1階にある化粧品売り場って、どこも独特でキツい匂いがする。
あれが昔から苦手で、化粧が濃い女の人を見ると自然と苦手意識が生まれちゃう」(21歳/学生)

化粧品売り場の匂いって、なんであんなにキツいんでしょうか?
普段からその香りに慣れている女子と違って、化粧品や化粧品売り場とは縁がない男性陣にとっては苦痛でしかないようです。

この男性のように、化粧に対していいイメージがない場合、化粧が濃い女性を生理的に受け付けないようになることもしばしば。

こういった場合は、香りのきつい化粧品は避けて、香水なども控えめにするか、シャンプーに近い香りを選ぶなど工夫が必要ですね。

2.化粧品を塗った肌にキスをしたくない

「化学物質を塗りたくった肌に口なんてつけたくないし、テカテカした唇も苦手。軽いアイメイクくらいしか許せません」(27歳/公務員)

最近は化学物質を最小限に抑えた化粧品も多く発売されていますが、男性にとって化粧品はほとんどすべて同じ物。
それを口に入れるのは…と抵抗感を覚える方は少なくありませんでした。

セクシーな唇を作るのに欠かせないグロスやリップのテカり具合が苦手で、油ものを食べたように見えるという意見も。だからといってカサカサした唇はNGだそうで…。

なんとも勝手な意見ですが、素のままの肌と唇で対抗できるような努力が欠かせないでしょう。

3.軽い女に見える

「夜の仕事をしている女の人はみんな化粧が濃い。それもあってか、ケバいと軽い女に見えちゃう」(28歳/アパレル)

夜の仕事をしている女性は一晩フルメイクを維持しなければいけないため、自然と濃いメイクになりがちです。
化粧直しをする手間を知らない男性陣は、この濃いメイクを嫌いな傾向にあるようです。

濃いメイクをしていても、ナチュラルに見せる方法はいくらでもあります。
顔と首の色をできる限り近くする、ヌーディカラーのリップにするなど、ケバいと思われない工夫をしてみるといいでしょう。

4.時間とお金がもったいない

「化粧って時間かかるし、ブランドものになると洋服なんて簡単に買えちゃう。化粧にお金と時間かけるなら、素肌ケアに手間暇かければいいのに…」(31歳/卸業)

このご意見はごもっともかもしれません。荒れた素肌を隠すために化粧にお金と時間をかけて、素肌ケアを怠っていたのでは、本末転倒です。

洋服にお金をかける男性はたくさんいますが、化粧をしない男性からすれば高額の化粧品に出費するのは理解できないというもの。
化粧品にこだわりを持つのも立派な女子力ですが、素肌ケアを怠ることにないようにしましょうね。

おわりに

いかがでしたか?
どんなに化粧が上手くなっても、いざ勝負!というときに荒れた肌では勝負になりません。
すっぴんとの落差がありすぎて彼に引かれた…なんてことも、もちろん避けたいですよね。

素肌に自身のある女性は、どこか輝いて見えるものなんです。毎日の努力を惜しまず、化粧嫌い男子からも好かれるような女性を目指しましょう!(桃花/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事