2016.02.19

離婚の理由の「価値観のちがい」・・・カップルにおける「価値観が一緒」ってどういうこと?

どういう調査結果を見ても、たいてい「離婚の理由」のトップにあがっているのは「性格の不一致」とか「価値観の相違」です。

その「価値観の相違」って、具体的になにを指しているのか? 結婚前に知っておくと、結婚後に「価値観」が彼と違わなくて済む……こういうことも言えるかと思います。

価値観が違うってどういうこと? というところから見ていきたいと思います。

価値観の相違とは?

たとえば、夫婦で、お互いの両親の介護に対する価値観が違うから離婚することになった、というケースもあります。

ある芸能人のように、妻がせっせと外にはたらきに出るので、旦那は妻の両親の介護に専念してください……なんてことには、一般人はなかなかならないでしょうから、夫婦で介護をめぐって価値観にズレが生じます。


あるいは、夫婦どちらかにほかに好きな人ができた、という生々しい事実を、世間にうまく隠すために「価値観の相違」という理由をうまく使っている人もいます。

でも、おおかたのケースは、これも生々しい話ですが、男の稼ぎがよくなって、男のほうは精神的にワンランク上のステージに行ったけど、奥さんのほうはその旦那の価値観についていけないとか、あるいはこの男女逆のパターンとか、そういうことが、じつのところ多いのではないかと思います。

ほら、よく芸能人の離婚で、「価値観のちがい」を理由にしていることがありますが、よ~くその夫婦を見たら、どちらかがブレイクして収入が上がった、ということって、ありますよね。あるいは、どちらかが仕事が激減したとか……。

そもそも「価値観」とは・・・

人の価値観って、じつのところ、経済活動とすごくリンクしています。
今月のお給料日まであと1,000円しかないときと、お給料が入った直後では、気持ちがまったく違いますよね?

おなじようなことが、夫婦生活においても言えるものです。
人生はなにもお金がすべてではないけれど、お金がある・ない、というのは、人の気持ちや夫婦の関係を大きく変えます。

だから、夫婦において「価値観が一緒」というのは「お金に関する価値観が一緒」ということで、この「お金に関する」ということが、世間では省略されて言われている、ということは、知っておいて損はないかもしれません。

もちろん夜の夫婦の営みにおける価値観の相違というケースもありますが、これはなかなか裁判所が「はい、わかりました」と認めないケースが多い。

彼氏の(旦那の)お財布を握ってしまえ!

旦那がブレイクして一夜にして大金を手にしたという芸能人の場合、その奥さんが、旦那のお金をしっかりと管理していたので、離婚ということにならなかった……こういう芸能人だって、何人か想像できますよね?


夫婦といっても他人です。
他人のお金に首をつっこみすぎるのも品がないかなあと、少々ビクビクしていたら、価値観なんて一夜にして合わなくなってくるものです。
お金の問題という、すごくデリケートなところに、どんどん足を踏み入れる。

こういう態度を、彼女として(妻として)貫き通せるのであれば、価値観の相違で離婚、ということは、かなりの確率で避けることができるのではないでしょうか。


旦那のDVなどのように「明らかな」理由による「価値観の相違」以外は、たいがい「お金に関する価値観の相違」でしょう。
愛はお金では買えませんが、価値観の相違という溝は、札束であるていどは埋めることが可能なのでしょう。

それくらい、人の精神衛生と経済活動は、リンクしているのでしょう。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事