付き合ったら女が苦労する!要注意すべき「女々しい男」の共通点・4つ


最近増えつつある「女々しい男」。女子的な趣味があって分かり合える「オトメン」ならまだしも、ただ女々しいだけでは男として情けないですし、あまり頼りにもならないですよね。

そういう男性と付き合ってしまうと、女性の方ばかりが苦労するハメになってしまいかねませんよ。

では、どういった男性が危険なのでしょうか?付き合うと苦労する「女々しい男」の特徴を、女性たちに聞いてみました。

1.とにかく優柔不断

「何をするにも常に優柔不断でなかなか自分で決められない男。
一緒にいてもイライラするだけだし、男らしさも全く感じられないので、魅力も全然ないですね」(28歳/歯科衛生士)

いざというときに、バシッと決断して、引っ張っていってくれるような男性こそが、女性が求める理想の男性像ではないでしょうか。
優柔不断で決断ができないような男性は、頼りにならないだけではなく、男としての能力が低い可能性もかなり高いです。

女性の方が引っ張っていくというような覚悟がないと、付き合っていてもグダグダになってしまうだけでしょう。

2.ミスなどを引きずりすぎる

「仕事でミスをしちゃったときなどに、それをずっと引きずっているような男性は嫌ですね。
ミスをも糧にして、次へと進んでいけるような度量が、人には必要だと思います」(25歳/営業)

人間であれば、誰だってミスや失敗をしてしまうもの。重要なのは、そのミスを次にどう活かしていけるかということでしょう。

いつまでもミスを引きずって、ウダウダと愚痴ばかりを言っていたり、ヘコみすぎて何も手につかなくなってしまうような男性は、キャパシティが小さいと言えるでしょう。
余裕や包容力があるような男性とは程遠い存在であるでしょうね。

3.言い訳ばかりをする

「ちょっと責めたり問い詰めたりしたときに、言い訳のオンパレードになる男は絶対に無理ですね。
自分の非を素直に認めない男って、ホントにカッコ悪いですよね」(26歳/総務)

謝罪すべきところで謝罪をせずに、言い訳の言葉ばかりを並べる男性は、どんなときでも自分が悪いとは認めない人です。
そんな男性と付き合ってしまうと、責任転嫁ばかりで、ただただ女性がイライラすることになるだけでしょう。

「だって」や「でも」が口ぐせの男性は、言い訳男の傾向が高いので、十分に注意をした方がいいですよ。

4.責任を持とうとしない

「とにかく全てにおいて、責任感のない男性は嫌ですね。
そういう人って、トラブルがあったときとかに、真っ先に逃げ出すような男性が多いんですよね」(30歳/販売員)

責任を持つと、面倒なことが起こってしまったときには一番大変な思いをすることになるかもしれません。

でも、それが嫌だからといって、常に責任を取るポジションを避けるというのはいかがなものでしょう。なんだか成長もしなさそうですよね。

何かピンチな場面に遭遇したときなども、いち早く逃げ出して、女性を守ろうとすら考えてくれないタイプですよ。

おわりに

男なのに「女々しい男」というのは、男らしい魅力もなければ、女子が共感するような魅力もありません。
交際してもがっかりしてしまうことが多くなってしまうでしょう。

もちろん、女性だからといっていつも優柔不断だったり責任逃れや言い訳をしていいというわけではありませんから、そこは注意してくださいね。(山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)