彼女からはほどほどに?彼氏がプレッシャーを感じるサプライズ


サプライズをされて嬉しくない女の子なんて少ないですよね。だったら私も彼氏にしてあげたい!なんて思う方も多いはず。

でもちょっと待って!もしかたらそのサプライズ、カレの負担になってるかもしれませんよ。

1.サプライズになってない

「彼女がサプライズで誕生日祝いをしてくれようと計画を立ててくれてた。でもバレバレで、驚く演技をするのが大変だった」(27歳/広告)

カレを驚かせよう!と意気込み、つい計画や企画に夢中になって、油断していませんか?

お付き合いしている彼氏は意外と彼女のことを見ているため、生活パターンを分かっています。
彼女が普段と異なった行動をしているとすぐに勘付かれて、サプライズがバレてしまうことも。

もちろん、自分を祝おう・驚かせようとして計画してくれている姿は健気に見えて、彼氏としても嬉しいでしょう。

しかしせっかくのサプライズですから、カレに気を遣わせることなく喜んでもらえるよう綿密な計画を立てたいですよね。

2.明らかにお金がかかっている

「人生の節目になるお祝い事でもないのに、連れて行かれた先は豪華客船でのクルージングで、船上で高級フレンチのディナー。
俺はこれを超えるサプライズを考えなきゃいけないのかと思うと、気が重くなった」(24歳/不動産)

男子は、やはり女子よりカッコつけたいものなんです。彼女にサプライズされたらそれを上回るサプライズをしなければ!と気負ってしまうのが男というもの。

それなのに、彼女から自分の身の丈に合わないサプライズをされてしまったら、彼女との温度差を感じてしまいプレッシャーになってしまうかも。

くれぐれも身分違いの恋になってしまわないよう、彼を立てられる形でサプライズしましょうね。

3.事あるごとにサプライズ

「彼女は、季節のイベントはもちろん付き合って50日刻みやゾロ目の記念日にまでサプライズしてくれちゃう。
そろそろリアクションも尽きてきたし、俺も何かやらなきゃ…」(21歳/学生)

記念日やイベントと聞くとサプライズをしたがる女子っていますよね。でも、毎回喜んでくれているように見える彼は疲れてしまっているかも?

毎回のように盛大に祝っていたのでは付き合っていくうえでメリハリがなくなってしまいます。

恋愛は駆け引きと言いますが、それは付き合ってからも同じ。時間を空けてサプライズをすれば、また新鮮さを取り戻してカレも喜んでくれるでしょう。

4.毎回演出が凝っている

「俺のいない間に部屋を飾り付けしてくれるくらいはよかったんだけど、どんどんエスカレートして業者に委託するようになってきた。
俺が嬉しいのは、そういうことじゃないんだけど…」(30歳/営業)

勘違いしてほしくないのは、カレが喜んでいるのが何に対してかということです。もちろん、サプライズそのものも、プレゼントなどももちろん嬉しいはず。

でも、なによりも嬉しいのは、大好きな彼女が自分のために時間と労力をかけてサプライズをしてくれたということなんです。

お金のかけすぎとも重複しますが、カレが「俺もこれを超えるようなサプライズをしなきゃ」とならないように、立ててあげることを忘れずにいたいですね。

おわりに

いかがでしたか?ポイントは、「自分がやってもらえたら嬉しい!」と思うサプライズのワンランク下のサプライズをすること。

適度なサプライズをすることによって、メリハリを持って楽しくお付き合いしていきましょう。(桃花/ライター)

(ハウコレ編集部)
(小南光司/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)