2016.02.23

なぜ、いつも振られるの…?「長続きする恋」と「すぐに終わる恋」の違い・4選

「好きだよ」

ふたりの気持ちが繋がって交際がスタートしたはずなのに、いつも振られるのは私ばかり。特に何をしたってワケでもないのに、急に別れを切り出されるのはどうして…!?

それはあなたのちょっとした言動に原因があるかもしれません。いつまでも愛される女になるために、「長続きする恋」と「すぐ終わる恋」の違いを探ってみましょう。

1.体を許すタイミングが早すぎる

「男なら付き合ったらすぐにエッチしたいと思うのが普通じゃない? でも、それができないから燃えるんだよね。
次のデートかな、その次かな…って会うたびにドキドキするし、初エッチにたどりついた達成感も半端ない! 
逆にすんなり体の関係を持っちゃうと、拍子抜けして飽きやすくなるのかもね」(24歳/公務員)

男性にとって初エッチは、大好きな彼女を自分だけのモノにできる日。
「1日でも早く抱きたい」「でも嫌われたらどうしよう」という心の葛藤と戦いながら、ふたりにとって最高のタイミングを見計らっているのです。

だから、自分からエッチに誘ったり、夜のお誘いにすんなり応じるのは絶対ダメ!
なかなか手に入らない女性を演じてオトコ心を上手に刺激すれば、ずっと大切にしてもらえるはずですよ。

2.彼を束縛しすぎる

「仕事が忙しくてちょっとLINEを返すのが遅れたら、『なんで?』『どうして?』『何してたの?』って責められウンザりしたことがある。
この子とずっと一緒にいたら大変なことになる…と思ったから、思い出を作る前にお別れした」(26歳/メーカー)

「他の女性と話さないで!」とヤキモチを焼かれたり、ちょっとしたことで不安になる彼女を見て「かわいいな」と思うのは交際1ケ月まで。
いつまでも続けていると、「面倒だな」「鬱陶しいな」と思われて、別れを切り出されるのがオチです。

彼を大切に想う気持ちは分かりますが、一緒にいない時間すべてを把握するのは無理な話。恋愛依存症になる前に、趣味や自分磨きを始めてみてはいかが? 
長続きするカップルほど、個々の時間が充実しているものですよ。

3.記念日が多すぎる

「付き合った日を“記念日”と呼ぶのは構わないけど、1ケ月記念日、3ケ月記念日…ってちょっと細かく祝いすぎでしょ!
誕生日とかクリスマスだけでも鬱陶しいと思っているのに、毎月記念日があるなんて重すぎて付き合いきれないよ」(25歳/金融)

男性にとって記念日は、正直なところ“どうでもいい存在”。それよりも、彼女と過ごす時間の1つ1つを大切にしたいと思っているのです。

一方、ふたりの繋がりを目に見えるカタチにしたいと願う女性は、「出会った日」「付き合った日」「初キスの日」「初エッチの日」…など、とにかく1つでも多くの記念日を作りたがるもの。
彼に愛され続けたいなら、記念日に囚われない信頼関係を築くべきかもしれませんね。

4.ネガティブすぎる

「愛されてるって実感できるのは嬉しいことだけど、ちょっとしたことですぐに泣いたり、『私のこと嫌いになったの?』ってネガティブな発言ばかりする女性とは、長続きした経験がないかな。
一緒にいて疲れるし、支えてあげなきゃってプレッシャーもあるし…。何より話を聞いているだけで気分が滅入るよ」(24歳・建築)

仕事でミスして上司に叱られたり、友人とケンカしたり、嫌なことがあったとき、恋人にグチを聞いてもらうと心がスッキリすることがありますよね。

でも、ネガティブな発言ばかりしていると、彼に別れを意識させてしまうことがあるので注意が必要です。

恋人同士で悩みを相談するのはステキなことですが、相手の負担にならない程度にとどめておきましょう。

おわりに

いかがでしたか? 大好きな人とずっと一緒にいるために、あなたも自分の振る舞いを見直してみてくださいね。(mook/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事