寒い冬デートで彼を温める4つの『プチ・サービス』


みなさん、こんにちは。コンサルタントの木村隆志です。

寒さが増す2月の冬デートは、彼との距離を縮める絶好のチャンス。寄り添うことが自然であり、おいしい料理も多い時期だけに、身も心も温まるようなデートにしたいところです。

そんな冬デートでぜひおすすめしたいのは、彼へのプチ・サービス。彼にちょっとしたサービスをしてあげることで、あなたの愛され度は間違いなくアップします。

1.つかみは待ち合わせのカイロ

待ち合わせ場所に着いて彼を見つけたら、まず「はい」と言ってカイロを渡しましょう。
いろいろ説明しなくても渡すだけで、彼への気づかいが伝わり、「私も持ってるよ」と言えば、同じものを使っているという一体感が生まれます。

逆に、会ったばかりのタイミングで、大きなサービスは禁物。テンションの温度差を感じさせて逆効果になりかねないので、これくらいの小さなサービスのほうが笑顔で受け取りやすいのです。

2.小銭と常温の水をサッと渡す

寒い冬のデートでは、飲み物を買いたいときに「面倒だな」と感じる男性は多いもの。
その点、サッと小銭入れを出して「はい、どうぞ」と言える女性は、「めちゃめちゃ気が利く子」という印象を与えられます。彼には食事などの代金を多めに出してもらえばいいので、小銭はケチらないようにしましょう。

また、鍋などの味の濃い料理を食べる機会が多く、お酒の量も増えがちな冬デートでは、常温の水をサッと渡せば「この子は違う」と思わせることができます。

3.うれしそうな顔で彼を撮る

電車移動中、運転中、食事中、何かを見ているときなど、彼の姿を撮影することで喜ばせることができます。

彼が照れたり、軽く嫌がったりしたように見えても大丈夫。内心、「オレの写真が欲しいの?」「そんなにオレのことが好きなの?」とプライドをくすぐられて、うれしいものです。

そのとき重要なのは、うれしそうな笑顔で撮ること。「あなたが好きだから」という好意、あるいは「撮ってもいいでしょ」という茶目っ気を感じさせれば、彼の心を温めることができます。

4.帰り道にスキンシップで甘える

寒い冬だからこそ、効果的なのがスキンシップ。ただ、ずっとではなく、寒さの増す夜の帰り道にピタッとくっつくほうが男心をくすぐります。

たとえば、彼の脇の下に入ったり、彼のポケットへ一緒に手をつっこんだり、彼の顔や耳たぶを両手でさわるなど、強めのスキンシップがおすすめ。
ただのスキンシップではなく、女性から甘えられることで彼のテンションは倍増します。

彼のグランド・サービスに期待!

ここで挙げた4つのサービスは、「プチ」と呼ぶにふさわしいシンプルなものばかり。寒さの厳しい冬はこの程度でも、彼を温かい気持ちにさせられるのです。

また、プチ・サービス(小さなサービス)をきっかけに距離が縮まり、彼からグランド・サービス(大きなサービス)が返ってくる可能性も十分あるでしょう。

寒さはあと1か月程度でやわらぐだけに、冬にデートできる幸せを噛みしめながら使ってみてほしいと思います。(木村隆志/ライター)

(ハウコレ編集部)
(伊東亜梨沙/モデル)