2016.02.25

知ってるようで知らない!?日常生活に活かす干支占い(子年 相性編)

日本でも馴染み深い「干支」は古くから中国で使われていたもので、12周期で月を数えるための記号でした。それをもっとわかりやすくするために、動物を用いたとされています。そんな十二支は月だけではなく、年や日・時間・方位などにも活用されてきました。それほど私たちの生活に馴染みがあり、浸透している干支ですが、意外とその性質や相性は知らないもの。そこで今回は、干支による日常生活に活かせる恋愛運UP術をご紹介致します。

1.子年の性格

子年のあなたは、素直で正直で働き者。お節介なほど面倒見がいいので、周囲に人が集まってきます。しかし、好き嫌いがはっきりしているので、人を選んで付き合うようです。一見落ち着いて穏やかに見えますが、少し怒りっぽい一面もあります。きれい好きで細やかなところまでよく気がつく、繊細な感性の持ち主です。また、倹約家で質素な生活をしますが、目先の利益にこだわりやすいところも…。落ち着きを持つとさらに運気はアップするでしょう。

2.子年の恋愛運

子年のあなたは真面目で純粋なので、恋にも用心深くとても慎重です。好きな相手がいてもなかなか自分からアプローチできず、そういった素振りも見せないので、相手にも伝わりづらく発展しにくい関係かもしれません。そんな性格からか、恋人となる人は、結婚を意識した付き合いになるので、遊びの恋はありません。お付き合いしたら、二人で協力し合いながらお互いに成長できる関係を築いていくようです。女性らしいやさしさがあり、相手に奉仕する傾向があります。

3.子年のあなたにとって相性のいい相手

(寅年の男性)
寅年生まれの男性は、真面目な性格なので、子年生まれのあなたの真面目な交際パターンにぴったり合うでしょう。

(辰年の男性)
辰年生まれの男性は、とても器が大きいので、子年生まれのあなたの要望を受け入れてくれるはず。甘えられる関係でしょう。

(申年の男性)
申年生まれの男性は、あなたに似て誠実。そのため、お互いに信頼し合える関係を築くことができるでしょう。

4.子年のあなたにとって努力が必要な相性

(子年の男性)
同じ干支生まれなので、とても似た部分が多く、良いときは盛り上がるのですが、時折反発したくなるようです。お互いを気づかう気持ちがあれば、上手くいくでしょう。

(卯年の男性)
卯年生まれの男性は、押しが強く、はじめは進展していくのにいいのですが、その強引さに疲れてしまうかも…。バランスのとれたペースを心がければOK!

(午年の男性)
午年生まれの男性は、細かいことが苦手で、気が回らないので繊細な子年生まれのあなたはイライラするかもしれません。短気で飽きっぽいので、飽きない工夫をしていくといいようです。

おわりに

いかがでしたか?干支でみる自分の本質的な部分や、彼の特長や傾向を知っておくことで、より良い関係を築くことができるはず。意外と知られているようで知られていない干支の相性。ぜひ参考にしてお付き合いに役立ててみてください。きっとあなたの恋愛が上手くいくことでしょう。彼と今よりももっと仲良くなれるかもしれませんよ。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事