2016.02.26

当てはまる人は気をつけて!「不倫」にハマりやすい女子の特徴・4つ

既婚男性と恋に落ちてしまう「不倫」。いけないとはわかっていつつも、ハマってしまう女性は少なくありません。

しかし不倫は、泥沼化して両方の周りの人をも巻き込んでの第三次に発展する恐れもあり、非常に高リスクです。

そこで今回は、十分に気をつけた方がいい、「不倫」にハマりやすい女性の特徴を紹介します。

1.かなりの寂しがり屋である

「不倫しちゃってる子って、寂しがり屋で、常に誰かと一緒にいないとダメな子が多い気がします。
既婚男性でもいいから、そばにいてほしいんでしょうね」(25歳/事務)

寂しがり屋だったり、甘えたがりだったりする女性は、とにかく一人でいることに耐えられません。

そんなときに甘い言葉などをかけられてしまうと、相手がたとえ既婚者であったとしても、フッと心をつかまれてしまうのです。

既婚男性は、未婚の若い男性に比べると、包容力があったり、変にガツガツしていない人も多いもの。
寂しさを埋めてくれたり、思いっきり甘えたりもできるので、ハマってしまう危険性は高くなるのでしょうね。

2.どうしても押しに弱い

「そんなつもりは全くなかったんですけど、何度も口説かれていくうちに、つい心が緩んで不倫をしてしまった経験はありますね。
完全に若気の至りです…」(28歳/秘書)

押しに弱く、ちゃんと断ることができない女性は、気づいたら不倫に足を踏み入れてしまっていることがあります。

草食男子などが多い最近の若い男性たちとは違い、年上の既婚男性にはやや強引に口説いてくるような人も多いので、断りきれずに付き合ってしまう女性もいるのでしょう。

断れないで付き合いを続けていると、どんどん深みにハマっていってしまうので、拒絶する勇気も必要ですよ。

3.障害に燃えてしまう

「いけない恋だし、障害がたくさんあるので、不倫って燃えちゃうんです。
ダメだダメだと思いつつも、その障害を乗り越えて会いたいとか思っちゃうんですよね」(26歳/ネイリスト)

2人の間に障害があると、恋は燃え上がりやすいもの。ロミオとジュリエットのように、禁じられることで、逆に2人の想いは強くなっていくのです。

堂々と会えないからこそ、会えたときの嬉しさも倍増してしまうのでしょうね。

必死に障害を乗り越える“真実の愛”であるなどと思ってしまいがちですが、一時の興奮によるカン違いであることが多いので、冷静になることを忘れないようにしてくださいね。

4.他人のものがほしくなってしまう

「不倫に手を出す女性って、男に限らず、持ち物とかでも、他人のものをほしがる人が多いです。
他人のものを奪うことに、興奮するタイプなんでしょうね」(27歳/出版)

どうしても隣の芝生が青く見えてしまうタイプの女性。
他人のものや、他人の幸せそうな状況をうらやんでしまうような女性は、既婚の素敵な男性に惹かれてしまうことも多いので、気をつけた方がいいでしょう。

また、自分にとても自信があるという女性も、いいと思ったら奪い取ってしまおうと考えたり、奥さんよりも自分を選んでくれた男性を愛してしまう傾向が高いと言えると思いますよ。

おわりに

「不倫」にハマってしまうと、なかなか抜け出せなくもなりますし、幸せな結末が待っている確率はとても低いと思います。

今回紹介した特徴に当てはまる点がある人は、泥沼にハマらないように十分注意してくださいね。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事