2016.02.27

憧れの大学に彼氏だけが合格・・・不安や劣等感を克服するには

こんにちは。ライターの有沢未紅です。今回はこちらの17歳高校生から寄せられたご相談についてお答えしていきます。


「高校3年。センター試験で失敗してしまったせいで憧れていた大学を受験させてもらえなくなりました。

それは仕方ないのですが、私の彼がその大学に合格していて悔しさと劣等感を感じてしまい、入試の不安と卒業後は離れ離れという事実で寂しくてただでさえ泣きそうになっているのに、彼は寂しさを感じている様に見えず、またそれが辛くていろいろなことをまとめて彼に何度も八つ当たりしてしまいました…。

自分が情けなくて彼の隣に居てもいいのか不安になります。彼のことは大好きですが、苦しめてしまうのが辛くて困っています。
彼の隣では笑顔でいたいんです。だから不安や劣等感と戦う方法を教えてください。よろしくお願いします」


憧れの大学を受けることができなくなってしまい、そのうえ彼だけが合格し、寂しそうにも見えないのが辛いとのこと。悲しみと悔しさでいっぱいの心情をお察しします。

では、これからどうしたらいいのかをこちらでご紹介していきます。

1.彼も寂しいはず!不安に打ち勝つ方法とは?

彼は自分だけが志望校に受かってしまい、相談者様に対する申し訳のなさと、合格できた達成感といった気持ちの間で板挟みになっているのではないでしょうか。
志望校に合格できたのは努力の成果が実ったということですから、嬉しい気持ちがあるのは当然のことです。

他大学同士でもうまくいっているカップルはたくさんいます。彼の成功を喜べる人になりましょう。それには、“自分なら大丈夫なんだ”と思うことです。思い込むといったほうがいいかもしれません。

肯定的な自己暗示をかけて、自分自身を励まし、信じようとすることも必要です。不安な気持ちに陥りそうになったら“わたしなら大丈夫”と心の中で唱えましょう。

2.劣等感を克服するには

悔しさをバネに努力することは大切なことでもあります。人生に試練はつきものです。辛くても、自分を変える前向きな機会と思ってみてください。いま目の前にあるひとつひとつのことにきちんと向き合うことが必要です。

現在の相談者様の状況なら、受験勉強を頑張ることでしょう。
彼に対しては、悲しい気持ちを八つ当たりするのではなく、悲しいことは悲しいこととして、なるべく感情的にならずに直接その気持ちを伝えてみるのはいかがでしょうか。

きっと彼は支えてくれると思います。素直に甘えられることができたら、相談者様の辛い気持ちも癒えるのではないでしょうか。

3.いつも笑顔でいるためには

“はじめから楽観的な人なんていない”と言われています。明るい気分になれないときでも、笑顔でいることを心がけると、脳がだまされてだんだんと明るい気分になるのだそうです。

彼も、相談者様が辛い気持ちでいることは分かっていると思います。その状況の中でも辛い気持ちを抑え、笑顔でいてくれる彼女なら一生大切にしたいと思うものではないでしょうか。

おわりに

大学受験は人生の岐路とも言える大きな場面であることは確かです。でも、最愛の彼と出会えたということは、人生で何よりも大事なことなのではないでしょうか。

勉強ももちろん重要なのですが、同じくらいに、人との良い出会いは宝です。
せっかく出会えた大好きな人を大切にしてください。相談者様が現状を克服し、彼とのお付き合いがこれからもうまくいくことを祈っています。(有沢未紅/ライター)

(ハウコレ編集部)
(古泉千里/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事