2016.02.28

【五精音占い】その彼、大丈夫?五精音別ダメンズの特徴とは?

あなたには今、気になる男性がいますか?
その彼は、どんな人でしょうか。
恋していると、どうしても「アバタもエクボ」になってしまいがち。
たとえそれが「ダメンズ認定」になるほどの欠点だったとしても。

ひとくちにダメンズと言ってもいろいろですが、五精音別に「これだけは危険!」という特徴があります。深い仲になる前に、チェックしておいたほうがいいでしょう。

1.彼の五精音をチェック

彼の名前やニックネームの最初の一文字が、五十音のどの行かによって、以下のように五精音が決まります。

ア・ヤ・ワ行:土精音(どしょうおん)
カ行    :木精音(もくしょうおん)
サ行    :金精音(こんしょうおん)
タ・ナ・ラ行:火精音(かしょうおん)
ハ行・マ行 :水精音(すいしょうおん)

*たとえば名前やニックネームが「大輝(ダイキ)」や「司(ツカサ)」の場合、火精音(かしょうおん)となります。

2. 五精音別ダメンズの特徴

*土精音のダメンズ
土精音の男性は、やや古風なタイプ。家族を大切にし、ご先祖さまを敬ったり地元愛が強い傾向があります。ところがこの特徴が悪く出ると、親や親族の言いなりになりやすいのです。

交際が深まるにつれて、あなたやあなたの家族の意見など無視して、自分の実家や地元のことばかり優先するようになりがち。たとえば、デートをキャンセルして実家の用事や地元の行事を手伝ったり。あるいは、あなたががんばって手料理を作ってごちそうしても、「おふくろの味つけのほうがうまい」と言い放つなど、何かにつけてマザコンぶりを発揮する可能性があります。

もし、思い当たるフシがあれば、黄信号です!
イヤだなと思ったらガマンしないで、そのつど話しあいましょう。彼があなたの要望を聞いてくれない場合、それでもつきあうかどうか、よく考えたほうがいいかも。

*木精音のダメンズ

木精音の男性は、責任感が強く礼儀正しいタイプです。女性を守るという意識をしっかり持っているので、イザというときには頼りになる人。ところが、この特徴が逆に災いの元になりがち。「女性を守る意識」というのは、男のほうが強く女は弱いものだと決めつける、男尊女卑の傾向があるということでもあるからです。そして、まだ交際がスタートしたばかりだというのに、早くもモラハラっぽい言動が出てくる可能性があります。

たとえば、あなたの服装や言葉遣いやマナーを、いちいちチェックしてはダメ出しするとか。あるいは、「オレの言うとおりにしてれば間違いないよ」などと、まるで “亭主関白” を気取っているかのようなセリフを口にするかもしれません。

あまりにもひどいな、と思ったら問題!
何もかも彼の言いなりになってまでつきあううち、あなたらしさは消えてしまい、幸せにはなれないでしょう。

*金精音のダメンズ

金精音の男性は、よく気がきいて、相手を楽しませるサービス精神が旺盛なタイプ。とにかく、つきあっていて、とても楽しい男性でしょう。ただ、あなた以外の女性にもサービス満点…つまり浮気っぽいのが困りものなのです。また、気がきくというのは、裏返せばワガママでもあるということ。自分がワガママだからこそ、かゆいところまで手が届くようなサービス精神を発揮できるのです。

彼が本当に浮気っぽい場合…たとえば、あなたとデート中にも、チラチラ他の女性のことばかり気にして見ていたり。あるいは、あなたの女友達にもやたら慣れ慣れしかったり。また、ワガママの度が過ぎて、何か気に入らないとすぐ暴言を吐くとか、投げやりになって勝手な行動をとりはじめるなど。

いくら気がきいていて楽しませてくれても、実は浮気症だったり身勝手なわけですから、彼女や妻になったら苦労させられそうです。

*火精音のダメンズ

火精音の男性は、頭の回転が早く決断力があって、エネルギッシュな行動力の持ち主。そして、身体能力にすぐれていることも多いでしょう。男気にあふれたマッチョで、もちろんセクシーでカッコいいのですが、その反面、短気で怒りっぽいという可能性もあります。

たとえば...あなたがよほどタフでもない限り、彼のあまりにも早い決断や行動のペースに、ついて行けなかったり。あるいは、何かにつけて彼の怒気が強過ぎるため、言いたいことも言えなくなってしまったり。そして最悪のケースとしては、彼が怒りをコントロールできず、あなたに暴力をふるうということも!

どんな理由があろうと、暴力をふるってもいい、などということはありえません。もし、少しでも危険を感じたら、その彼とは深入りしないほうがいいでしょう。ケガなどしてからでは遅いのです!

*水精音のダメンズ

水精音の男性は、とにかくやさしくて、女心をとろけさせるでしょう。どんなに気が強い女性も、彼の前でなら素直に甘えられるはず。そんなステキな彼なのですが、この並外れたやさしさが曲者。気がやさしいということは、つい情に流されたり、強く出る相手に押し切られてしまう、ということでもあるからです。また、秘密主義の傾向もあり、時にはトンデモない隠しごとがあるかもしれません。

たとえば、危険だと知りながら友達の保証人になってしまうとか、いけないとは思いつつ同情心から不幸な人妻に入れあげてしまうなど。まるで、出来の悪いメロドラマのような事件を起こす可能性があります。そして、トンデモない秘密とは…借金がある、実は女性だけでなく男性も愛せるバイセクシャル、ギャンブルやアルコールや薬物の依存症…などです。

彼が信じられないような事件を起こすとか、隠していたトンデモない秘密が明るみに出たら、どんなに好きでも距離を置いたほうがいいでしょう。もし深入りしたら、あなたも巻きこまれて不幸になりそうですから。

おわりに

もちろん、すべての彼がダメンズであるわけではありません!
上記は、あくまでダメンズだった場合、どうなるかの例です。

それにしても、大好きな彼の欠点や問題を直視するのは、さぞ辛いでしょう。でも、深い仲になって傷ついてから別れるのは、もっと辛いのです。早いうちに気づくことができれば、立ち直りも早いでしょう。

あなたの幸せのために、彼をしっかり観察してください。(隆速治沙/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事