イケてるオヤジと呼ばれるために!30代の男性が20年後、30年後にイキイキと暮らすために今すべきこと「7選」



30代のあなた、20年後、30年後に自分はどんな毎日を送っていると思いますか?きっと、すべての人が、幸せな人生を送っていて欲しいと願うことでしょう。

それを実現するためには、今この30代をどう過ごすかにかかていると言っても過言ではないはず。そこで、幸せな未来のために、今しておきたいことをまとめました。

仕事に打ち込む

優れた技術やビジネスノウハウがある人は、企業のリーダーとなれる可能性を秘めていますし、定年後も社会から求められ仕事を続けることだってできます。

そのためにも、自分が天職だと思える仕事を探し、未来のありたい姿を描いてそこから逆算して今やるべきことを見極めましょう。

英語をマスターする

グローバル化が進んでいる今、多くの外国人が日本にやってきて、将来的にはその数はさらに増えることが予想されています。

そうなると、「ここは日本だ。日本語を使え」という強気の姿勢はもはや通用しなくなるでしょう。現にもう国内の大手企業では英語を共用後と定める会社も出てきています。

未来を楽しく生き抜くためにも、ぜひ英語は学んでおいてください。

インターネットをマスターする

既にビジネスの現場では、パソコンが欠かせないツールになっていますが、これからますますネット化が進んでいくでしょう。

さらに仕事だけでなく、将来的に離れて暮らすことになるかも知れない子供や孫とのコミュニケーション手段も「Facebook」など、インターネットを介したものになるかもしれません。

アナログ派なあなたでも、ネットの情勢に敏感になり、最低限の知識は備えておきましょう。

仲間をつくる

定年後にやることがなくひとりぼっちでいると、老けこむのも早くなってしまうもの。それを避けるためにも、同じ趣味を持つ、同年代の仲間をつくっておきましょう。できれば、家が近い人の方がおすすめです。

また、将来的にあなたが独立などをした場合にも、仕事をくれるのは昔からの仲間が多いはず。今から、色々な人脈をつくっておきましょう。

趣味をつくる

無趣味の人も多いかも知れませんが、情熱をもって取り組める趣味があると、毎日にハリが出ます。陶芸や料理など、長年に渡って取り組めるものがおすすめです。

貯金をする

ニュースなどでも良く耳にしますが、これから数十年後には年金の受給額が今よりもグッと下がる可能性があると言われています。

子育てや遊びにも忙しい30代なので、お金に余裕がある人は多くはないと思いますが、ボーナスなどはできるだけ手をつけずに貯金しておくのがおすすめです。

体を鍛える

体が元気でなければ、なにをするにもはじまりません。無理にハードな運動をする必要はありませんが、筋トレやウォーキングなど、体を動かすことを習慣化しましょう。