苦しい恋になっちゃう可能性大!彼女のことを「束縛する男」の特徴・4つ


恋愛において、男女ともに一番嫌われてしまう行為が「束縛」ではないでしょうか。

多少の「束縛」であれば愛を深めるキッカケになることもあるかもしれませんが、限度を超えてしまうと重荷になってしまうだけですよね。

そこで今回は、彼氏にしてしまうと苦労する、「束縛する男」の特徴を紹介します。

1.自分に自信がない

「過去に付き合った人に束縛されたことが何度かありますが、自分に自信がない人ばっかりだった気がします。
不安が大きいから、縛りつけようとするんですね」(25歳/エステティシャン)

自分に自信を持てない男性は、彼女が他の男性に取られてしまうのではないかという不安を抱えてしまいます。

だからこそ、彼女の行動を全て把握したり、行動範囲を狭めるようにすることで、他の男性が寄りつかないようにしたがるのです。

さらに、「この彼女を逃したら、新しい彼女ができない」という思いもあるため、絶対に手放したくないという気持ちが出てきてしまうのでしょう。

2.何に対してもとにかく細かい

「ものすごくマメだったり、細かかったりする男性は、要注意だと思いますね。
きちんとしている性格なのかもしれないですけど、度を超えていると怖くなりますね」(28歳/飲食)

きっちりと細かい性格の男性は、何事に対しても大ざっぱにはできません。しっかりと管理しておかないと落ち着かないタイプの人なのです。

それは恋愛に対しても一緒で、女性の行動やスケジュールなども細かく知りたがります。

男性からすると深い意味はなく、束縛しているつもりなどないのかもしれませんが、女性はかなり窮屈さを感じてしまうことでしょう。

3.自分の話ばかりをしたがる

「『俺が俺が』というタイプの男性は、付き合うと束縛してくる人が多い気がします。
彼女は絶対に自分のことだけを見ていなきゃいけないという思いが強すぎますね」(25歳/保育士)

会話をしていて、他人の話にはほとんど耳を傾けず、自分の話ばかりをしたがる男性。このタイプの人はとても危険です。

「かまってほしい」という思いが非常に強いので、恋人にしてしまうと、とにかくずっとその男性に目を向けてあげなくてはいけなくなるでしょう。

何よりも自分への愛が一番強いので、彼女に対しても、自分を愛することを強要してくる可能性は高いですよ。

4.すぐにヒステリックを起こす

「男のくせにヒステリックを起こしたりして、すぐに怒り出す人は縛りつけてきますね。
短気だから、言うことを聞かないと激怒するので、本当に大変です」(27歳/販売員)

ケンカなどをしたときに、カッとなってすぐに怒り出す男性。こういったヒステリックを起こしやすい男性は、自分の思い通りにならないことがガマンできません。

彼女に対しても、自分の意に添わない行動をされるのが許せないので、色んなことをどんどんと束縛し始めるでしょう。
感情を自分で操りきれない面があるので、束縛の激しさも止められなくなる恐れもありますよ。

おわりに

全く「束縛」をされないのも寂しいものがありますが、あまりに縛られすぎると、幸せなど感じられない恋になってしまいます。

そうならないためにも、付き合う前に、「束縛」しそうな男性かどうかはちゃんと見極めておいてくださいね。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)