2011.04.13

なるべくストレスフリーに過ごしたい!良い関係を築くためには?ルームシェアを成功させるためのコツ




最近、若者の間で人気を集めているルームシェア。にぎやかで、なにかあった時にも心強い反面、他人と同居する以上、気をつけなくてはいけないこともいろいろあります。

そこで今回は、ルームシェアを楽しむためのポイントをまとめてみました。

1.ルールを決める

あらかじめルールをつくっておけば、ストレスも少なくなります。特に以下のポイントは、最初に話し合っておきましょう。

1:家事の分担について
2:家賃の分担について
3:生活費の使い方について

2.相手の部屋には入らない

ダイニングやトイレなどが共有になるため、自分だけのスペースは各自に割り当てられた部屋しかありません。

そこまで踏み込んでしまうと、プライバシーが排除されてしまい、精神的なストレスが溜まっていってしまいます。

どんなに仲の良い相手であっても、部屋には入らず、話しがある時はダイニングなどを使いましょう。

3.きちんと話し合う

他人と一緒に暮らすわけですから、当然、「イヤだな」と思うこともいろいろあるはず。それを心の内に溜めていくと、ある日突然、爆発して険悪なまま仲たがいしてしまうケースが多いそうです。

お互いが暮らしやすい関係性を保つためにも、悪いところを言い合える雰囲気をつくりましょう。

4.我慢する

上で、「話し合う」と言っておきながら矛盾しますが、気に入らないところをなんでもかんでも口にするのは良くありません。

我慢と話し合いのバランスをよく考えないと、単なるわがままな人だと思われてしまいます。見過ごせるところはスルーして、細かいことは気にしないようにしましょう。

5.相手に依存しない

さみしい時や、悲しい時に、そばに誰かがいるだけで気持ちが落ち着きますよね。特に懐が深く、しっかりした性格のルームメイトの場合、なにかと頼ってしまいがち。

でも、依存しすぎると、それが相手の重荷となってしまい、本来イーブンな関係であるべきルームシェアの形が崩れてしまうことになります。

相手に頼り切らず、自立した生活をすることを心がけましょう。

6.恋人は連れ込まない

これは、けっこう大切なポイント。知らない異性を連れ込まれると不愉快な思いをする人が多いはずです。

家族や共通の友人ならば許される範囲かも知れませんが、恋人は連れ込まないようにしてください。

関連記事