2016.03.02

男子が思わず喜んじゃう「女子の遅刻の言い訳」4選

女子はネコっぽい……こんなことを言う男子もいます。
ネコのように甘えてくるとか、ネコのように気まぐれ、という意味もあるのでしょう。

あるいは、ネコのように極めて頑固な個人事業主的に、マイペースである、という意味も含んでいるのだろうと思います。
だからなのか、女子ってよくデートの待ち合わせに遅刻をするかと思います。

今回は、男子が思わず喜んじゃう「女子の遅刻の言い訳」に迫ります。
さっそく見ていきましょう!

1.てへっ

「遅刻の言い訳なんか『てへっ♪』という二文字で十分です。愛嬌があれば、なんだって許せるじゃないですか」(28歳/IT)

たしかに愛嬌があれば、人ってなんだって許せてしまうものです。相手が彼女であれ、女友だちであれ、ネコであれ。

2.男友だちから・・・

「男友だちから電話がかかってきて、しゃべっていたので遅刻したと、彼女に言われたことがあります。
激しい嫉妬がぼくのなかに湧いてきて、そのあとのデートはすごく燃えたものです」(25歳/教材販売)

男の闘争本能に火をつけることができれば、男は燃えて、結果的にうまくいくケースもあります。

嫉妬のすえのケンカやトラブルというのは、まちがった火のつけかたをしてしまったのかもしれません。
正しく火をつけてあげると、彼はいつもの倍以上、彼女のことを愛してくれます。

3.お土産を選んでて・・・

「彼女の遅刻の言い訳で『あなたへのお土産を選んでいたから遅刻した』というのが好きです。
本当にお土産なんか選んでないと思うし、実際、お土産を彼女からもらったことなんてないのですが、気の利いた言い訳だなあと思います」(27歳/通信)

カップルのなかでも、デート代が彼の負担、という場合、彼女が彼に500円くらいのお土産を渡すこともあるかと思います。
ちょっとリップクリームをプレゼントするとか、ハンドクリームをプレゼントするとか。

そういうことを日常的にやっていれば、彼女の遅刻が別れの原因にならずに済むというパターンではないでしょうか。

4.あれが終わりかけで・・・

「あれが終わりかけで、トイレにこもっていたと彼女に言い訳されると、笑顔で『まいったな』と思います」(27歳/飲食)

男には窺い知ることのできない世界ですもんね。「よくわからないけどおつかれさま」としか言いようがありませんから。

おわりに

いかがでしたか?
恋愛において大事なことは、ネガティブなことをポジティブなことに変える知恵です。
遅刻というネガティブな出来事を、ポジティブに変換しようと思えば、まず愛嬌が必要になるということでしょう。

遅刻の言い訳を愛嬌をもってしても、彼の機嫌がなおらないようであれば、それはあなたが遅刻のしすぎか、彼の気が短いのか、いずれかではないかと思います。

その場合、どうするのかはここに書きません。
個々にお考えになれば、すぐにわかることだろうと思います。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事