2016.03.02

あの子はちょっと無理だな…「デートに誘いづらい」女性の共通点・4つ

恋愛において、お互いの距離を縮めるために重要なのは「デート」でしょう。ここでいい印象を残さなければ、なかなか交際には発展しません。

さらに言えば、そもそもデートに誘いづらい雰囲気を出してしまうと何もスタートしません。

そこで今回は、「デートに誘いづらい女性」の特徴について、男性たちに聞いてみました。

1.仕事がとても忙しそう

「毎日忙しそうにしている女性に、気軽にデートのお誘いはできないですね。
『そんな状況じゃないよ、空気読めよ!』って思われちゃいそうですもん…」(29歳/商社)

とにかく毎日仕事が忙しそうな女性には、男性だって声をかけることができません。

そもそも暇なんかなさそうで断られそうですし、疲れているのに悪いという気にもなってしまって、誘うのは諦めてしまうでしょう。

忙しくてテンパっているような姿を見せすぎてしまうと、男性からはそっとしておこうと思われてしまいますよ。

2.クールでちょっと怖い雰囲気である

「クールな感じの、あまり笑顔がない印象の女性は、ちょっとデートに誘う勇気が出ないですね。
怒られちゃいそうな気がするんで、ビビっちゃいますね」(26歳/営業)

クールビューティー系な美女は、男性の憧れではありますが、実際にそういった女性に声をかけられる男性は本当に少ないでしょう。

よほど自分に自信がある男性でないと、怖くてあまり近づくこともできないはずです。

時には笑顔を見せたり、話しかけられたときは優しく接するなど心掛けないと、男性からはなかなか声を掛けてもらえないかもしれませんよ。

3.ズケズケと物を言う

「はっきりと物を言う女の子は、サバサバしてて好きではあるんですが、そう簡単には誘えないですね。
バッサリと文句とかを言われそうな恐怖感があります」(28歳/飲食)

男性は、デートに誘って断られることにかなりの恐怖を感じています。
そういった意味では、何でもズケズケと物を言うタイプの女性は、はっきりズバッと断ってくる可能性も高いので、なかなか男性も踏み込めません。

気がある男性に対しては、気があるということを多少は見せておいてあげると、サバサバ女子であっても、男性は声をかけやすくはなりますよ。

4.多趣味である

「登山に書道に料理教室にヨガ教室にって、ものすごく趣味が多い女の子がいて、一緒に遊びたいとは思ったのですが、空いてる日がなさそうで誘えませんでした」(31歳/IT)

多趣味な女性は、活発で魅力的ではありますが、なかなかデートに誘い出すチャンスがありません。

土日が全て趣味で埋まってしまっていると、男性も手の出しようがないので、結局は諦めることになってしまうでしょう。

恋愛よりも趣味が大事なのであれば問題ないですが、恋愛もしたいのであれば、多少は趣味を減らすか、空いている日があることをアピールすることは必要になってくるでしょう。

おわりに

いくら気になる女性でも、デートに誘うチャンスがなければ、男性も声をかけられず、恋愛にも発展しません。

誘いづらい女性にならないよう、今回紹介した4点は、特に注意してくださいね。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)
(中島健/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事