2011.04.13

せっかくのAndroid、高速データ通信を利用しなきゃ!Androidの無線LANを設定する方法

iPhone人気の一方で、じわじわとシェアを伸ばしているAndroid端末。最近は各社よりAndroid搭載端末が登場し、アプリも充実してきたことから活用の幅が広がりつつあります。

こうしたスマートフォンは、3GやFOMAなどの電話回線と併用し、無線LANを利用できることから、高速なデータ通信を可能にしている点も、普及した要因の1つといえるでしょう。下り7.2Mbps程度の3Gに比べ、無線LANなら、規格によりますが、最大300Mbpsと非常に高速です。スマートフォンユーザーなら、無線LANを使わない手はないでしょう。

 

Android端末を無線LANに接続しよう

 

Android端末はiPhoneと違い、さまざまなメーカーから対応機種が登場しています。操作性や設定画面などは機種により異なるので注意が必要です。

しかし、基本的な操作の仕組みに大きな違いはありません。無線LANの設定方法も、以下の手順を参考にすれば迷わずできるでしょう。

 

無線LAN設定画面を開こう

ここでは「Xperia」を使った無線LANの接続方法を紹介します。

まずホーム画面から「設定」をタップします。その中にある「無線とネットワーク」をタップします。

 

 

Wi-Fiを確認しよう

無線LANに接続する前に、接続できる状態になっているかを確認します。

表示する項目の中に「Wi-Fi」があります。これにチェックを入れ、有効化します。無効の状態では無線LANを利用することはできません。

 


有効化したら「Wi-Fi設定」をタップします。

 

 

アクセスポイントを確認しよう

現在いる周辺の無線LANアクセスポイントを自動で検出します。接続したいアクセスポイント名をタップします。

 

 

 

 

WEPキーを入力しよう

アクセスポイントに接続する際には「WEP」などのセキュリティ設定が必要となるケースがあります。これはいわゆるパスワードです。


あらかじめ控えておくなどしたセキュリティ用のパスワードを入力し、「接続」をタップします。

 

 

接続完了

アクセスポイントの下に「接続」と表示されれば、接続成功です。

 

さいごに

無線LANは自宅の無線LAN対応ルータはもとより、外出先でもホテルやカフェ、駅などには公衆無線LANサービスがあり、アクセスできます。これらを活用すれば、より高速にファイルをダウンロードしたり、撮影した写真をアップしたりできるようになります。

簡単に利用できるので、ぜひ活用しましょう。

 

関連記事