付き合っていても幸せになれない…「別れた方がいい男」の共通点・4つ


付き合ったとしても、女性を幸せにしてくれない男性っていますよね。

そんな男性と一緒にいても、当然、明るい未来は訪れません。気付いたら早々と別れるのが吉でしょう。

そこで今回は、別れた方がいいかもしれない、「女性を幸せにしてくれない男性」の特徴を紹介します。

1.尽くされるのが当たり前

「何でも女性にやってもらうのが当たり前という男性は嫌ですね。
召使いにでもなったような気分になって、なんだか悲しい気持ちになっちゃいますね」(26歳/保育士)

全て女性がやってくれるのが当たり前という態度の男性は、かなり危険なタイプでしょう。

もしもそんな男性と結婚までしてしまったら、さらにその傾向は強くなってくるでしょう。

何かをしてあげたときに、ちゃんと感謝の気持ちを表さない男性は、相手のことを考えられない人なので、付き合っていても大変な思いをしてしまうだけですよ。

2.笑顔が少ない

「一緒にいて笑顔がほとんど見られない人は、何も楽しくありませんね。
気がついたら、私の笑顔もなくなってしまうので、どう見ても幸せなカップルじゃないですね」(24歳/エステティシャン)

男性のタイプにもよるかもしれませんが、笑顔が極端に少ない男性は、あまり女性を幸せな気持ちにはさせてくれないでしょう。

2人で一緒に笑い合えるかどうかは、カップルにとってとても重要な要素の一つです。

好きな相手だからこそ、一緒にいて楽しく感じられないのは、逆に悲しい気持ちになってしまうと思いますよ。

3.思いやりが全くない

「ちょっとした思いやりや優しさがあればいいのに、それすら感じられない男性は、彼氏としては最悪ですね。
ただの自分勝手なワガママ男だと思います」(27歳/歯科助手)

相手に対する思いやりというのは、一番の愛情の証であるでしょう。
それが全く感じられない男性は、愛情だって薄いと言ってもいいかもしれません。

そういった「思いやり」を表現するのが苦手な男性もいますが、「◯◯をしてくれない」などの具体的な行動ではなく、あなたのことを思っての行動や優しさがあるかどうかに注目してみましょう。

それがまったくない場合は、別れを考えることも必要です。あなたがガマンするばかりになってしまいますからね。

4.コントロールしようとする

「女性のことを自分の思い通りにしようとする男性だけは、絶対に恋人にしたくないです。
ものすごく居心地が悪いので、もし付き合ってもすぐに別れますね」(29歳/秘書)

彼女のことを、「俺色に染める」とか「自分好みにしていく」と考えている男性がいますが、これも限度を超えると非常に危険です。

何でもかんでも、あれやこれやと口出ししてきて、女性からすると鬱陶しいだけでしょう。

こういった男性は、彼女のことを、自分の所有物のように扱う傾向にあるので、一人の人間としてちゃんと尊重してくれたりもしないですよ。

おわりに

幸せじゃない、ガマンばかりをする恋を続けても、最終的に女性が悲しい思いをするだけです。

別れを決断することも、明るい未来の幕開けになる可能性もあるので、冷静に考えてみる必要はあるでしょう。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)