2016.03.02

ユング心理学×西洋占星術でわかるあなたの弱点と強化策 蟹座編8タイプ

ドイツの心理学者ユングは、質問により人の性格を「思考・感情・感覚・直感」の4タイプに「内向・外向」の2類型を合わせた計8タイプに分類しています。その8タイプ分類に、西洋占星術の「12星座」を組み合わせ、より詳しく96タイプの性格を解説するのが、この「ユング心理占星術」。心理学と占いの観点から、科学的に96通りの弱点と強化策をご紹介致します。今回は蟹座についてみてみましょう。

まずは、このテストに答えてください。次のうち一番近いものを選んでみましょう。
Q.あなたは誕生パーティーに呼ばれました。そこでケーキが登場。さて、あなたはどうしますか?
1、人数をまず確認し分ける   2、カロリーや成分をチェックする
3、自分の好きな人に切り分ける 4、一番大きいのが誰か気になる
5、ロウソクを立てていく    6、どこのケーキか調べる
7、誕生日プレゼントを知りたい 8、今日は何の日か気になる

それでは、蟹座のあなたの選んだ番号を見ていきましょう。

思考型×蟹座…心の奥の感情をオープンにして

1のあなたは、感受性は強いのに気持ちの動きを配慮するのが苦手なことから、公的な場で調整役をするのが不得意かもしれません。楽しい事や心地よさにあまり価値を置かない部分があるので、雑談的な要素が強い会話を避ける傾向が。もっと経験談を大切にして吉。
2のあなたは、感情を溜め込みやすい割に、それを表出するのがやや得意でないでしょう。そのため豊かな感情をコントロールできない部分が。愛想笑いなど自分が感じていない感情を見せるのが苦手かもしれません。相手の顔色に注目して合わせてみるのが大切です。

感情型×蟹座…感情のダダ漏れに要注意

3のあなたは、ともすると話が始まると長くなる傾向があり、終わりにくいところが。おしゃべりというツールで人と繋がっていたいため、話し続けてしまうでしょう。一貫したテーマや筋道を立てるのが苦手なので、テーマとオチをつけながら会話できたら理想的に。
4のあなたは、自分から積極的に他人との関わりを持とうとしないところが。そのため、自分から積極的に状況を変えるためのアクションを起こさないので、ごく親しい人に気持ちを発散することに。もう少し自分から気持ちを打ち明けたり、会話していくと円満に。

感覚型×蟹座…自分の内奥に眠るオリジナルを見つけて

5のあなたは、現実に繰り広げられる事象や事実ばかりに目が行きがちでしょう。そのため、心の内側から湧き出てくるような、強烈な何かがないかもしれません。いつも流行のスタイルや外見にとらわれてしまうため、自分のオリジナリティを大事にすると良いはず。
6のあなたは、真面目で誠実な性格なのですが、自分から新しい分野や仕事を開拓していくバイタリティはないかもしれません。どちらかというと指示される仕事をこなす方が性に合っているでしょう。やや天然なところがあるので、計算することを覚えると良いかも。

直感型×蟹座…手続きと現実感覚を大切に

7のあなたは、手続きや順番、根回しといった日本的なビジネス慣習を踏むのが苦手かも。思い立ったら即実行という姿勢も大切ですが、着実に取り組んで行くことも大事と言えます。郷にいりては郷に従えという諺もあるように、調整しながら進めることを意識して。
8のあなたは、マイペースで自己流のものを好むところがあるようです。衣食住のこだわりは薄いのですが、自分の好きなものに対してはかなりのお金と時間をかけるでしょう。特にスピリチュアルなものに対する興味が強く、傾倒しがち。現実感覚を忘れずに。

おわりに

これまで星占いなどで、星座で言われている自分と実際の自分が違っていた、なんてことはありませんでしたか?それはこのユング心理学のタイプ論を併せてみることで修正されるはず。ユング心理学では、本来のその人の持つ本質を正しく理解することで、自己表現力や他人への理解力が高まるとされます。つまり、占いだけでなく、心とよく向き合って、性格に合わせた心地いい生き方を選ぶことが重要なのです。あなたの心の本質と生まれ持った先天的な資質を組み合わせれば、きっと自分でもしらない自分が見えてくるでしょう。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事