ユング心理学×西洋占星術でわかるあなたの弱点と強化策 乙女座編8タイプ

ドイツの心理学者ユングは、質問により人の性格を「思考・感情・感覚・直感」の4タイプに「内向・外向」の2類型を合わせた計8タイプに分類しています。その8タイプ分類に、西洋占星術の「12星座」を組み合わせ、より詳しく96タイプの性格を解説するのが、この「ユング心理占星術」。心理学と占いの観点から、科学的に96通りの弱点と強化策をご紹介致します。今回は乙女座についてみてみましょう。

まずは、このテストに答えてください。次のうち一番近いものを選んでみましょう。
Q.あなたは誕生パーティーに呼ばれました。そこでケーキが登場。さて、あなたはどうしますか?
1、人数をまず確認し分ける   2、カロリーや成分をチェックする
3、自分の好きな人に切り分ける 4、一番大きいのが誰か気になる
5、ロウソクを立てていく    6、どこのケーキか調べる
7、誕生日プレゼントを知りたい 8、今日は何の日か気になる

それでは、乙女座のあなたの選んだ番号を見ていきましょう。

思考型×乙女座…相手の望んでいるものを捉えて

1のあなたは、相手のために何かをしてあげたいという思いが強いものの、相手の気持ちを捉え違って自己満足になりがちなところが。相手の望みとあなたの気持ちを上手くすり合わせることができれば、好感を持たれるように。感情を読むように努力してみて。
2のあなたは、話の中で何が一番重要か、どのあたりをピンポイントで話せばいいのかを掴むのが苦手かも。話をする前の読み手や聞き手の反応を見ながらの調節が不得手かもしれません。唐突に会話を進めていくと相手に驚かれることも。相槌に注目することが大切。

感情型×乙女座…感情的な思い込みを手放して

3のあなたは、その場の雰囲気や周りの発言に流されやすく、深く考えずに何かを言ったり、行動することが多いかも。また、感情的になっている時、論理的に説得しようとする相手に反感を抱きがち。接続詞を使って、わかりやすく相手に伝える訓練をすると◎。
4のあなたは、自分の考えや価値観に少しでも批判的なことや疑問を呈されると「わかってくれてない」と思い込みがちなところが。自分が大切にしているものを受け入れてくれない時に、敵意をあらわにするシーンも。様々な価値観があることを認めると円満に。

感覚型×乙女座…冗長な言い回しを避け、要領よく

5のあなたは、どこかでキャッチした魅力的な情報を他人に話したがる傾向があるようです。しかし、話自体に独自の視点やひらめきが乏しいため、面白くないと思われがちに。いろいろ知っているけど、中身が無いと思われないように、自分の意見を持つようにして。
6のあなたは、物事や展開の細部にわたって細かく話すのは得意ですが、「要するにどうなのか」を一言で説明するのが苦手かもしれません。そのため、話を聞いている相手をウンザリさせることがある場合も。自分から歩み寄って分かってもらう努力が必要と言えます。

直感型×乙女座…相手の立場に配慮してみて

7のあなたは、人の内面に対して緻密な手順や手続きを飛ばして話を進めてしまうところが。そのため、意図せず相手を傷つけてしまうシーンも。ここでこういう発言をしたら、あの人のメンツが潰れるだろう、といった配慮に欠けるのかも。相手の立場に注意して。
8のあなたは、周囲の人々の動向に対して無関心になりがちなところが。誰かとアイディアを共有しようとせず、数人で話していても、一人、自分の世界に入り込んで「思い出し笑い」などをしたりすることも。視点を広く持ち、心の引き出しを増やすと良いでしょう。

おわりに

これまで星占いなどで、星座で言われている自分と実際の自分が違っていた、なんてことはありませんでしたか?それはこのユング心理学のタイプ論を併せてみることで修正されるはず。ユング心理学では、本来のその人の持つ本質を正しく理解することで、自己表現力や他人への理解力が高まるとされます。つまり、占いだけでなく、心とよく向き合って、性格に合わせた心地いい生き方を選ぶことが重要なのです。あなたの心の本質と生まれ持った先天的な資質を組み合わせれば、きっと自分でもしらない自分が見えてくるでしょう。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)