3回のデートが重要!彼と付き合う為にデートでやるべき事5つ


彼氏彼女の関係に発展するかしないか?それは大抵、3回のデートで決まることをご存知ですか?
つまり、この3回のデートを制する者が恋愛を制するのです!

とはいえ、この3回のデートで何をすれば、彼と付き合うことができるのでしょう?
そこで今回は彼と付き合うために、あなたが3回のデートで“やるべきこと”をご紹介したいと思います。

1.彼氏が欲しいことを伝える

もし彼女候補として見てもらいたいなら、彼氏が欲しいことを伝えなければなりません。しかし意外に、これをちゃんとやっている子って少ないんです。

ただし、何度も言うのは逆にNG!「彼氏ができれば誰でもいいのかよ!」と思われてしまわないよう、さりげなく「彼氏が欲しいな」「彼氏がいたらいいな」と伝えてみてください。

「もしかして、俺に彼氏になって欲しいってこと?!」彼をその気にさせられれば、あなたと彼の距離は急接近です。

2.もし◯◯だったら?と未来の話をする

「もし○○ちゃんと付き合ったら」彼にそんなふうに言われたら、ちょっとドキッとしてしまいませんか?男子をドキッとさせるのにも同様に、未来の話が効果的です。

「もし付き合ったら○○したいな」「もし一緒に旅行に行くなら○○に行きたいな」という話をすれば、あなたと一緒にいる未来を想像してもらうことができますし、その発言の意味って…と彼に思ってもらうこともできますよ。

3.自分のいい所と一緒に、ちょっとだけダメな所もアピールする

せっかくのデートですから、彼にはいい所を見せたいですよね。しかし完璧すぎる女子は彼女候補から外れてしまうことも…。

完璧な女子を横目に「俺には似合わないんじゃないか」と思ってしまう男子って、意外と多いんです。“好き”を作るためには“隙”が大切!

いい所と一緒にちょっとだけ、ダメなところもアピールして、丁度いいポジションをキープしましょう。ちょっとした失敗談を話せば、親近感を持ってもらえるはずですよ!

4.家族の話をする

家族が好き!という話は誰が聞いても微笑ましいですよね。マザコン男子を毛嫌いする女子が多い一方、お母さんが大好きという女子は彼女候補になりやすいんです。

お母さんだけでなく、お父さん・兄弟・おじいちゃんやおばあちゃんの話なんかも、男子から見て高ポイント!是非あなたも、家族の話を彼にしてみてくださいね。

5.3回目のデートは夜にしてもらう

「この子いいな」「可愛いな」そう思っても“エッチしたい子”になれなければ“付き合いたい子”にはなれません。
そのためにも、3回目のデートはいろいろ想像してしまう夜がおすすめです。

手をつないだり・チューしたりするのも、明るい場所より、暗い場所の方がそうなる確率が高いですし、付き合いたいと思っている彼なら、このデートで色々発展というのもアリかと思います。

ただし“エッチしたいだけの子”にならないように、くれぐれも気を付けてくださいね。

おわりに

いかがでしょうか?たかが3回されど3回!気になる彼を見つけたら、しっかりデートで実践して彼の気持ちをGETしちゃいましょう。

あなたの行動で、あなたの未来は全然違ってきますよ!(織留有沙/ライター)

(ハウコレ編集部)