2016.03.05

まずは2人きりに!彼をさりげなくデートに誘う方法4つ

「気になる彼をデートに誘いたい!」と思っても、自分から彼を誘うのって、なかなか勇気が要りますよね。断られないか心配ですし、好きな事がばれないかも気になるところです。

そこで今回は、さりげなく彼をデートに誘う方法をご紹介します。
こんな誘い方なら彼に断られる心配も少なく、上手にお誘いできるはずですよ!

1.お店の話を事前にしてから誘う

「今度ご飯に行かない?」こんな風に突然誘うより、前置きを作ってデートに誘う方が、彼からOKをもらいやすいです。

「○○のお店凄く行きたいんだよね!」「○○のお店美味しいらしいよ」といった感じでお店の話をしておいてから、後日「こないだ話していた○○に行かない?」と彼を誘うのです。

好きな事がばれたくないあなたは、是非この方法を使ってみてください。そんなにおススメなら行ってみたいなと思わせる事もできますし、とにかく自然にさりげなく誘う事ができますよ。

2.彼が興味を持っている場所に誘う

断られないか不安…そんなあなたは、彼の趣味・嗜好をしっかりリサーチして、彼が興味を持っている場所に誘ってみましょう。
彼が行きたい場所へ誘えば、断られる確率も半減します。

彼の好きな食べものがあるお店だったり、彼の好きなスポーツ観戦だったり。
誘う時には、自分も同じものが好きだから・自分も行きたいと思っていたという感じで、彼を誘ってみましょう。きっと彼も、喜んで誘いに乗ってくれるはずですよ。

3.彼の会社やお家の近くに行くついでにと誘う

○○のついでに!こんな誘い方なら、彼もあまり考えず来てくれるはずですし、万が一断られても、ついでの誘いなので気まずい空気になりません。

「○○のあたりに用事があるから、よかったら一緒にお茶でも・ご飯でも」これならかなり自然に誘えそうな気がしませんか?
彼のバイトや仕事の終わる時間に合わせて誘えばよりスムーズにデートに誘えるはずですよ。是非あなたも用事を作って、彼を誘ってみてくださいね。

4.彼に何かを頼む形で誘う

一人でできることも、一人でできないことにしてしまえば、立派なデートの口実になります。
「友達の誕生日プレゼントを選びたいんだけど、一緒に付き合ってくれないかな?」「ラーメンやさんに行きたいんだけど、一人じゃ入りづらくて…」など、何かを頼む形で彼を誘ってみましょう。

人は自分が必要とされているという場面に弱いです。“○○君とデートがしたい”のではなく“○○くんがいてくれたら助かる”という形で彼に可愛くお願いしてみましょう。

おわりに

片想いの相手を誘う時には誰しも緊張してしまうものです。
しかし、その緊張感が彼に伝わってしまうと、スキがバレバレになってしまいますので、いかにさりげなく誘えるかが大切です。

そして、断られないようもう一工夫!どんな方法で誘う時も、「今度○○しない?」と誘うと話が流れやすいので、誘う時点から「〇日・〇日・〇日はどうかな?」という形で誘うようにしてくださいね。

あなたのお誘いが、素敵なデートの第一歩になりますように!(織留有沙/ライター)

(ハウコレ編集部)
(前田希美/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事