2016.03.05

つらい束縛、干渉…。キケンな「嫉妬深い男たち」の共通点とは?

嫉妬は恋のスパイスにもなりますが、あまりにも嫉妬深すぎると、それは厄介なものでもあると思います。

嫉妬心が強すぎると束縛へもつながっていくので、そういう男性と付き合ってしまうと、辛い思いをする可能性も高いでしょう。

そこで今回は、「嫉妬深い男性」の特徴について、女性たちに聞いてみました。

1.自分に自信がない

「自分に自信を持っていない男って、常に不安があるから、ちょっと他の男の人と喋ったくらいでも怒ったりしますよね。
『取られる!』って思っちゃうんでしょうね」(27歳/アパレル)

自分に自信がない男性は、彼女との関係に対しても自信がありません。
「他にいい男が現れたら奪われちゃうんじゃないか」という不安を、いつも胸に抱えています。

だから、彼女の全てを把握したくなるし、他の男性とも触れ合ってほしくないと考えるのです。
強い束縛につながる可能性大なので要注意です。

2.他人の悪口ばかり言う

「他の男性のことを悪く言ってイメージダウンさせようとする男の人って、ホントに最低だと思います。
人の悪口を言う前に、自分が努力しろって思っちゃいます」(24歳/総務)

他人の悪口を言うのは嫉妬の表れであることが多いです。
人気者だったりモテている男性の悪口を言うことが多い男性は、嫉妬心から出る発言である可能性が高いでしょう。

また、自分の好きな女性が他の男性と仲良くしている場合、その男性の悪口を言ってイメージを悪くさせようとするというケースもあります。

当然、そんな男性は同性からも煙たがられます。嫉妬の中でもかなりタチが悪いタイプだと思うので、こういう男性には深く関わらない方がいいでしょう。

3.質問攻めにしてくる

「色んなことを聞きまくってくる男性はちょっと怖いです。
プライベートの情報を収集されているみたいで、気持ち悪さもあるので、曖昧にして答えないようにしています」(27歳/販売員)

好きな人のことは、何だって知りたくなってしまう。それは男女問わず、誰だって同じことだと思います。

ただ、あまりにもしつこく質問ばかりしてくる男性は、自分の感情を抑えきれず、とにかく何でも把握していなきゃ気が済まない性質と思っていいでしょう。

いざ付き合うとなったら全てを報告するよう言われたり、鬱陶しいほどに干渉されてしまいますよ。

4.とにかく怒りっぽい

「前に付き合った人が、とにかく短気で、自分の思い通りにならないことが起こるとすぐにキレる人でした。
私のことも自分の所有物みたいに扱おうとするので、疲れ果ててしまいました」(29歳/飲食)

怒りっぽい人は、自分の「納得がいかないこと」に対してどうしてもガマンができません。

恋愛においても、彼女がちょっと自分の考えとは違う行動をすると、もう許せずに怒り狂ってしまうのです。

嫉妬深さとそれを理解してもらえないことが怒りに変わってしまうタイプはかなり危険です。しっかりと見極める必要はあるでしょう。

おわりに

恋が燃え上がるくらいの嫉妬であればいいですが、恋を破壊するような嫉妬は危険なので、付き合う前に見抜くようにしてくださいね。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事