2016.03.05

ユング心理学×西洋占星術でわかるあなたの弱点と強化策 蠍座編8タイプ

ドイツの心理学者ユングは、質問により人の性格を「思考・感情・感覚・直感」の4タイプに「内向・外向」の2類型を合わせた計8タイプに分類しています。その8タイプ分類に、西洋占星術の「12星座」を組み合わせ、より詳しく96タイプの性格を解説するのが、この「ユング心理占星術」。心理学と占いの観点から、科学的に96通りの弱点と強化策をご紹介致します。今回は蠍座についてみてみましょう。

まずは、このテストに答えてください。次のうち一番近いものを選んでみましょう。
Q.あなたは誕生パーティーに呼ばれました。そこでケーキが登場。さて、あなたはどうしますか?
1、人数をまず確認し分ける   2、カロリーや成分をチェックする
3、自分の好きな人に切り分ける 4、一番大きいのが誰か気になる
5、ロウソクを立てていく    6、どこのケーキか調べる
7、誕生日プレゼントを知りたい 8、今日は何の日か気になる

それでは、蠍座のあなたの選んだ番号を見ていきましょう。

思考型×蠍座…人の情を把握することが大切

1のあなたは、論理で人を動かそうと考えがちなところが。そのため、そこに感受性が加わると、実に理想的なリーダーになります。物事を、論理とそれに関わる人間の気持ち、その両面を考えながら動かしていくことによって、情のある統率者になれるのです。
2のあなたは、周囲の人の気持ちにあまり興味がなく、喜怒哀楽を表現しない特質と相まって、周囲に対して無関心と思われてしまうことが。そのため、自分は悪意がないことを伝えたり、配慮を欠いた場合、フォローをすることが大切になります。正直が一番かも。

感情型×蠍座…まずは冷静に理性的に

3のあなたは、内面で物事を深く考える習慣をつけると、明るくて人の気持ちがわかり、どんな相手とも公正に付き合える人格者となれるでしょう。もともとの情の厚さに思慮深い理性が加わることで、誰からも慕われるよき人情派のリーダーとなれるでしょう。
4のあなたは、周囲や社会が何を考え、求めているかを気にかけるようにしてみて下さい。目立つタイプではないけど、誰からも好感をもたれる穏やかな人になっていけるはずです。与えられたことをコツコツこなす性質に加え、愚痴っぽさがなくなり信頼を得るでしょう。

感覚型×蠍座…自分の内面に答えがある

5のあなたは、自分の内面に眠っている直感を意識するようにしてみましょう。そうすることで、自分自身の言葉で物を言うことができる、とても知的で面白い存在になれるはずです。多くの情報を取り込むだけでなく、自分らしさを付加することで魅力が高まるはず。
6のあなたは、観察眼を養い周囲の人の考えを見抜く力をつけてみましょう。そうすると、より明快にわかりやすい言葉で話をすることができるようになります。物事のツボをおさえて会話ができるようになれば、相手からも共感され、あなたの奥深さが理解されるはず。

直感型×蠍座…周囲への魅せ方に気いて

7のあなたは、自分が今どんな感覚でいるかに敏感になる必要がありそうです。そのためには手続きや手順をきちんと踏むことをしていくと良いでしょう。なかなか難しい部分がありますが、これまで不要と感じていたものが、実は大切なものだったと気づけるはず。
8のあなたは、周囲に対してのセンスを意識するようになると、とてもユニークで魅力的な人になります。神秘的で、つい人の目を引きつける存在になれるでしょう。不思議ちゃんを脱して、小悪魔のような魅力の持ち主になることも。見た目に気を遣うことなのです。

おわりに

これまで星占いなどで、星座で言われている自分と実際の自分が違っていた、なんてことはありませんでしたか?それはこのユング心理学のタイプ論を併せてみることで修正されるはず。ユング心理学では、本来のその人の持つ本質を正しく理解することで、自己表現力や他人への理解力が高まるとされます。つまり、占いだけでなく、心とよく向き合って、性格に合わせた心地いい生き方を選ぶことが重要なのです。あなたの心の本質と生まれ持った先天的な資質を組み合わせれば、きっと自分でもしらない自分が見えてくるでしょう。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事