本当に知ってる?それだけで美肌力アップな「キメを整える」の意味とは

皆さんこんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。美肌・白肌・艶肌と色んな呼び名はありますが「潤って美しい肌」はキメが整っています。「キメが整う」これってよく聞く言葉ですが、どういう状態なのか本当に理解していますか?
今回は、美肌といえば「キメ」ということで、改めて「キメを整える」ことについて考えてみたいと思います。

◇肌の状態をイメージしよう

肌の構造をイメージするのにわかりやすいのは、並べたマシュマロやちぎりパンです。1つ1つのマシュマロやパンがふっくら整っていれば、隙間も少なくて弾力もあり、押してもふわっと戻ってくる状態ですよね。この状態が「キメの整った」状態です。もっちりふっくら、で水分も上手に蓄えます。

◇例えば隙間が空いてきた時

さて、もっちり並んだマシュマロやちぎりパンですが、全体が少し萎んだとしましょう。萎んで小さくなったマシュマロやちぎりパン。萎むことであちこちに高低差ができて影が発生します。影ができてなんとなく暗い・・・そう「クスミ」の発生です。クスミの原因は様々で、一時的な水分不足だったり疲れからくるものだったりしますが、萎んだ状態を慢性化させなければOKです。くすみが慢性化してしまうということは「いつもあちこちに影がある」状態。ちょっと避けたい状態ですよね。

◇なんとかギリギリ耐えている?

ちぎりパンやマシュマロ。なんとかギリギリ隣とくっつき合うように耐えているけれど、盛り上がって見えるのは真ん中だけで、隣り合うところに向かってどんどん窪んでいくなぁ・・・それがシワの仕組みです。たるみによるシワの発生の場合はまたちょっと違ってくるのですが、お互いに盛り上がって支え合おうとするちぎりパンやマシュマロの力が弱まって支え合えなくなってきた時に境目に発生する大きな窪みがシワの1つ。「ちょっと今日は支えられない・・・・」そうは言っても、明日は元気ならお互いもっちり膨らんで支え合うこともできるのですが「明日も明後日ももう膨らめない。溝は深くなるばっかりよ」そうなったらもうお終いかもしれません。深いシワが刻まれるほど2つのマシュマロに距離が発生してしまったら、修復するのはなかなか難しいようです。

◇焦げてきた

おいしいちぎりパンやマシュマロ。ちょっと焼くとこれまたおいしいですよね。でも、焦げたら最後。焦げを剥がすと1段窪んだパンになってしまいます。マシュマロに至ってはふわふわ感はなかなか戻ってこないでしょう。そう、紫外線のダメージはとてつもなく大きいのです。

◇おわりに

アレやコレやと高価なコスメを使わなくても、キメが整っているだけで肌が美しく見える原理なんとなく伝わったでしょうか?適切な水分量を維持してふっくらしたキメが揃っていれば、肌のくすみもシワも発生しません。キメを意識するだけでも美肌を維持することが可能なのです。「肌に負担をかけない」それだけで十分なのですね。(川上あいこ/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード