2016.03.07

ユング心理学×西洋占星術でわかるあなたの弱点と強化策 山羊座編8タイプ

ドイツの心理学者ユングは、質問により人の性格を「思考・感情・感覚・直感」の4タイプに「内向・外向」の2類型を合わせた計8タイプに分類しています。その8タイプ分類に、西洋占星術の「12星座」を組み合わせ、より詳しく96タイプの性格を解説するのが、この「ユング心理占星術」。心理学と占いの観点から、科学的に96通りの弱点と強化策をご紹介致します。今回は山羊座についてみてみましょう。

まずは、このテストに答えてください。次のうち一番近いものを選んでみましょう。
Q.あなたは誕生パーティーに呼ばれました。そこでケーキが登場。さて、あなたはどうしますか?
1、人数をまず確認し分ける   2、カロリーや成分をチェックする
3、自分の好きな人に切り分ける 4、一番大きいのが誰か気になる
5、ロウソクを立てていく    6、どこのケーキか調べる
7、誕生日プレゼントを知りたい 8、今日は何の日か気になる

それでは、山羊座のあなたの選んだ番号を見ていきましょう。

思考型×山羊座…捉えられないものを割り切らずに

1のあなたは、自分の喜怒哀楽をきちんと筋道立てて説明できるようになると、人間的魅力のある信頼できる人と認識されるでしょう。あまりにも堅すぎる性格からか、気持ちの冷たい人と受け止められがちですが、自分の心の内を見つめれば賢く優しい人に。
2のあなたは、人の心が分析や予測だけでは割り切れない複雑なものという認識を持っておくと良いでしょう。その場その場の相手の様子を伺いながら発言・行動すると、人間関係が円滑に進むはず。あなたの理性的で穏やかな部分がさらに多くの人に愛されるはず。

感情型×山羊座…反対意見こそがコミュニケートの鍵

3のあなたは、気分や周囲の人の言葉に流されて、自分の凝り固まった感情的な表現で会話しがち。そのため、誰もが納得できるように物事を説明したり、相手を説得するような話し方を心がけてみて。多くの人に支持され、応援してくれる人が現れるでしょう。
4のあなたは、何でも頭から鵜呑みにしてしまい、客観的に自分の意見を判断できないところが。そのため、話に筋が通ってないと思われることも。そこで、脳内一人ディベートを心がけてみて。自分の中で賛成者と反対者の意見を戦わせれば、信頼できる人に。

感覚型×山羊座…予測と分析で本質をつかみ会話上手に

5のあなたは、相手に話をするときにだらだらととりとめのない会話になってしまいがち。そのため、今ひとつ相手に言いたいことが伝わりにくいことも。しかし、予測や分析の力を働かせれば、物事の本質を捉え自分の言葉で話せるため、わかりやすいアドバイザーに。
6のあなたは、自分の得意分野の話になると非常に雄弁ですが、それ以外の話に関心がないと言えます。そのため、どうしても周囲に関心を持ってもらえる存在にならないことが。そこで、表現方法を洗練させ、情報を面白くするフックを入れていけば、人気者に。

直感型×山羊座…周囲からどう見られるかに意識をフォーカス

7のあなたは、自分の想い入れが強く、それを相手に対してぶつけていくところがあります。そのため、響く人とそうでない人に分かれてしまいがち。そこで、相手が納得するまで説明を繰り返したり、違う意見とすりあわせたりする心配りが重要。社会性ある人に。
8のあなたは、人の見た目にあまり関心がなく、オシャレなどをそれほど重視しないタイプが多いとされるでしょう。しかし、外見的魅力のポジティブさを活かせるようになれることで、「地味な変わり者」から「ストイックな美人」に変身。魅力的になれるはず。

おわりに

これまで星占いなどで、星座で言われている自分と実際の自分が違っていた、なんてことはありませんでしたか?それはこのユング心理学のタイプ論を併せてみることで修正されるはず。ユング心理学では、本来のその人の持つ本質を正しく理解することで、自己表現力や他人への理解力が高まるとされます。つまり、占いだけでなく、心とよく向き合って、性格に合わせた心地いい生き方を選ぶことが重要なのです。あなたの心の本質と生まれ持った先天的な資質を組み合わせれば、きっと自分でもしらない自分が見えてくるでしょう。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事