絶対にやっちゃダメ!男性ががっかりする「デート中」の女子の行動・4つ


気になる男性とデートをすることができたら、嬉しくて舞い上がってしまいますよね。

でも、気をつけないと、デート中のちょっとした行動によって、男性を幻滅させてしまうこともあるのです。

そこで今回は、がっかりしてしまう「デート中」の女性の行動について、男性たちに聞いてみました。

1.あくびを連発する

「デートをしている間、何度もあくびをされたことがあって、あれには本当に落ち込みましたね。
すごい好きな子だっただけに、余計にヘコんじゃいました」(26歳/営業)

意外と女性が気づかずに、デート中にやってしまっているのが、「あくび」です。一度や二度くらいならまだいいですが、何度も連発されたりしたら、男性はかなりがっかりしてしまうでしょう。

あくびをされると、「つまらない」とか「退屈」と言われているかのような印象を受けるので、男性はデートが失敗に終わったとも思ってしまいます。

これでは、男性は次のお誘いなどできなくなってしまいます。

2.長電話をする

「デート中に電話に出て、当たり前のように長電話されると、非常識な子だとしか感じませんね。
気遣いとかもできなそうなので、付き合う気もなくなります」(31歳/商社)

そもそもデート中に、電話とかメールをするのは、相手にあまりいい印象を与えません。それが長電話となったら相手を怒らせてしまうことも。

急な仕事や大事な用事など、どうしても仕方がないという場合以外は、デート中の長電話は絶対に禁物です。

また、ちょっと電話に出た場合でも、「ごめんね」とちゃんと謝ることは忘れてはいけませんよ。

3.文句ばかり言っている

「食事がまずいとか店員の態度が悪いとか、文句ばかり言われると、なんだかテンション下がっちゃいますね。
楽しくデートしたい気分が台無しになります」(28歳/建築)

デート中に文句とか愚痴ばかりを言うのは、雰囲気がかなり悪くなってしまいます。
マイナスな発言をされると、暗い気持ちになってしまうので、デート自体も盛り上がりません。

例えば、お食事デートでお店に対する文句ばかりを言うと、そのお店を選んだ男性は自分がダメ出しされているような気分にもなってしまうので、落ち込んでしまうだけですよ。

4.悪酔いしてしまう

「女の子とお酒を飲むのは楽しいですけど、悪酔いする女性は最悪ですね。
絶対に彼女にしたくないですし、友達として飲みに行くのも嫌になりますね」(27歳/飲食)

お酒を飲んで悪酔いする女性を、自分の彼女にしたいと思う男性はまずいないです。
言葉遣いが乱暴になったり、暴力的になったりなど、女性らしさも感じられませんし、当然、そんな酔っぱらいの世話をするのも面倒です。

デートに誘って後悔したとさえ思われてしまうでしょう。
自分がどれくらいお酒を飲んでも大丈夫なのかというボーダーラインは、ちゃんと自分で知っておくべきですよ。

おわりに

もしも気になっている男性とデートをすることができるチャンスが訪れたら、今回紹介した4つの点だけは、ちゃんと頭に入れておいてくださいね。

この4点だけは絶対にやってはいけませんよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)