2016.03.06

失恋という「心の骨折」から立ち直る5ステップは、順番が命

「失恋をこじらせて次の恋に進めない」と言う女性は多いですね。
世の中に失恋から立ち直るテクニックはよくあるけれど、それを適切に使っていないからこじらせている人も多い気がします。

人間、失恋した時は精神にダメージを負っています。骨折などの身体ダメージを負った時、誰も「リハビリしなきゃ!」と言って走り出さないでしょ?

でも精神ダメージだと、心が骨折してるのに走り出す人、すごく多い。そのせいで、治りが遅くなったり、後遺症が残ったりします。

失恋は心の骨折です。だから、骨折と同じような回復の手順が必要なのです。今回に紹介する5ステップは、順番が命です。前後させちゃだめ!スキンケアと同じです!いってみよー。

ステップ0.失恋する

なければないに越したことないけど、人生だからしょうがないよね。

ステップ1.徹底的に休む

ずっと土日はデートしてたのに今は1人なんて嫌!といって、失恋飲みの予定を入れまくってスケジュールを真っ黒にする人、多いと思います。これね、長期的に見ると逆効果だからすぐやめましょう。

確かに一瞬はハイになれるけど、家に帰ってきた時の虚しさがヤバくて、失恋の痛みが長引いて気持ちが下がりっぱなしになる可能性が高い。

最初にやるべきは「1人で徹底的に休むこと」です。土日は徹底的に寝て、風呂に浸かり、アロマオイルをガンガンたいて休みましょう。

この時、なるべく何も考えないようにし、「そろそろ動きたいな」と思うまでは休むこと。

ステップ2.人の助けを借りる

徹底的に休んで「動けるかもしれない」と思えたら、友人たちの助けを借りましょう。女友達は貴重な第三者機関。失恋話をしてわーわー言ってもいいし、まだつらいなら一緒にいてもらうだけでもいい。

十分に休んで少し心の骨折が回復しているから、人と接してもパワーを吸い取られずに済みます。

3.趣味・仕事に集中する

ステップ2と同時に始めましょう。毎日毎日、飲み会をするわけにはいきません。時間的にも金銭的にも非現実的だし、友人とのスケジュール合わせも難しい。

他人に依存するのは危険です。趣味や仕事に集中して、「自分はやればできる」という自尊心を回復しましょう。

4.運動する

2と3が少し経った頃から始めましょう。運動のメリットは4つもあります。

1つ目は、体が健康になると精神も健康になるから。体と精神は分かち難く結びついているので、体を強制的に健康にすれば精神も引きずられて健康になります。

2つ目は、連日の失恋飲みで蓄えた脂肪を落とせるから。

3つ目は、容姿に自信が出ることで自尊心を回復できるから。

4つ目は、新しい出会いにとって有利な体型になるから。効率厨の私からすると、運動のコスパは異常。運動最高!

5.1人の時、徹底的に内省する

十分に休み、自尊心を回復してきたところで、ようやく自分を苛む根本の問題解体に向かいましょう。これは最後にとっておくべきです。

なぜならものすごい精神的な負荷がかかるから。傷からある程度は回復し、落ち込んだ時に逃げ込める友人・趣味・運動を確保していないとやっちゃダメ。

この時、うじうじと後悔するのは無駄です。未来を改善するには、「何が原因だったか」を把握する必要がある。

「自分・相手が無理をしていたところはどこか」「自分が後悔しているところはどこか」「何に怒ったか」「何に傷ついたか」を書いてまとめましょう。
じゃないと飲んだらすぐ忘れちゃうからね!

結論:失恋からの回復は、「自分は立ち上がれる」と信じること

失恋から立ち直るには、ダメージ回復、自尊心回復、問題解決のやり方をお勧めします。

特に大事なのが1と5で、これをきっちりやらないと傷が完治しにくいことがすごく多いです。

でもみんな、注力するのは2、3、4なんですよね。依存しているから、自分の力で立ち上がってない。だからこじらせて、なかなか次の恋に進めない。

失恋は誰にでもあることです。だから、ちゃんと回復する方法を知っておきましょう。自分をいじめちゃいけないし、依存してもダメ。

「自分は立ち上がれる」と信じることが、失恋からの回復方法の根幹です。ぱぷりこでした。(ぱぷりこ/ライター)

(ハウコレ編集部)
(前田希美/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事