2016.03.08

顔の部位から相をみる!人相で見抜く自分と彼の性格 眉編3

よく「顔には生き方が刻まれる」と言われますが、これはまさにその通り。顔というのはその人のプロフィールを表しているものなのです。持って生まれた顔は、両親や先祖から引き継いだものですが、後からつくられる顔は生活環境や考えが反映されてきます。持って生まれた顔は簡単に作り替えられませんが、自分で作る顔はどのようにも変えられるもの。そこで、ここでは自分と他人の顔を知り、人相上のタイプを見極める方法をご紹介いたします。今回は眉について見ていきましょう。

吉相1、龍の眉

龍のようにきれいな弧を描き、眉も濃く毛質も整っているのがこの形。群を抜いて優秀で滅多にいない大吉相とされます。家族関係も仲良く、清らかな関係が保たれるとされます。恵まれた環境でいかんなく自分の能力を発揮するでしょう。ただし、眉毛が荒いと短気でケンカしやすい部分や、人をあざむこうとする性質が出てくるため、常に眉を整えておくよう注意が必要でしょう。

吉相2、虎の眉

少し荒い眉質ですが威厳を備えている人が多いとされます。普段からダイナミックな性格とも言えますが、人に施しをしようとする慈愛心やボランティア精神も豊かです。出費も多く、そこまで蓄財運はありませんが、最終的には自分で財を成す吉相。健康面に優れ、寿命も長いとされますが、兄弟は少ないと言われます。眉毛が整っている場合は、温和で人間関係もとても上手くいくでしょう。

吉相3、剣の眉

長くて剣のように真っ直ぐな眉毛がこれにあたります。山林のように美しく生えそろっていれば、権威と知識がありリーダーとなる人を補佐する吉相と言えるでしょう。肝が据わっており、欲深さがなく清らかな精神の持ち主と言えるでしょう。一芸に長ずる眉と言われ、主にスポーツや競技の世界に秀でているとされます。財産には執着しませんが、一生衣食に不自由せず、子供にも恵まれて安泰と言えるでしょう。

吉相4、清らかな眉

優雅な弧を描き、長さは額の両端の骨の位置を過ぎていると言えます。もしも、目が長くもみあげの部位まで入れば、さらに清廉で美しい心の持ち主。頭の回転が速く聡明で、年が若くしてキャリアを積んでいけるでしょう。眉毛の一本一本が繊維のように細い人は、手先が器用で技術方面で成功するでしょう。太い場合は、お金は出て行きやすいと言えますが、性格が和やかで家庭運は申し分ありません。

おわりに

相を見る場合には、人相だけでなく骨相、手相、足相などさまざまありますが、人相の良さは顔を見ただけでわかるという利便さにあります。人相は主に、輪郭、目、鼻、口、眉の形や色つやでわかるものですが、これは顔の美醜を問うものではありません。あくまでも人相上の善し悪しです。一つ一つで運が決まるわけではないので、顔全体のバランスを見ることも忘れずに。顔はあなたの履歴書。是非大切にしてみて下さいね。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事