2016.03.08

断り上手はイイ女!正しいエッチの断り方って?

エッチしたくないとき、あなたはちゃんと“お断り”出来ていますか?好きな人とするならまだしも、「なんとなく、断れなくてしちゃった」なんて20代が増えているみたい…。
しかしそういったSEXは、女の価値を下げます。

男子が本命に選ぶのは“すぐやれる女”より“固い女”なのです。では、どうやって断ればいいのか??今回は彼の機嫌を損ねずに、上手にエッチを断る方法をご紹介します。

1.定番の断り方は『褒め』で効力アップ!

世間でよく使われている断り文句と言えば「生理なの」「体調が悪いの」などですよね。その定番の一言も、褒め言葉とセットにして言うと彼の機嫌を損ねず、よりスムーズに断ることができます。

「○○君はかっこいいしみんなの憧れだよ。でも…」「誘ってもらえるのは凄く嬉しいんだけど」という感じで、彼を誉めた後「生理なの」or「体調が悪いの」と続けましょう。

中には、ものすごく勇気を出して誘ってきた男子もいます。そういう場合は、より“褒め”を多くして、彼の気持ちを気遣いながら断ってあげてくださいね。

2.固い女をアピール!

経験人数1人の女性と、経験人数10人の女性を誘うのでは誘う側のノリも変わってきます。あなたの男性遍歴を知らない相手ならとことん、かまととぶるのが正解!

ただし「私周りの女とは違うから!」「○○くんが会ってきた女と一緒にしないで」などの高飛車発言はNGです。

あくまで謙虚な姿勢で「あまり経験がなくて、そういうのが怖いの」「結婚したいと思った人としか、したことないの」という風に、謙虚に固い女をアピールしましょう。

3.好きな人なら「いつかはしたい」ことを伝える

エッチを断りたい場合、ただ断りたい場合と、いつかはそうなってもいいと思っているけど、今はまだ…という場合がありますよね。

もし後者であれば好きな気持ちと、まだしたくないということを正直に彼に伝えてください。ここでは“いつかはしたい”という意思を伝える事がポイントです。

「好きだからこそ、そういう事は大切にしたい」「好きだから特別な日にしたい」と言ったフレーズを使って、彼への好意も一緒に伝えてみてくださいね。

4.悪戯っぽく「今日はここまで」「また今度」

場合によってはちょっと茶化すのもありです。彼の手をさらっと交して、こちら側からキスしてみましょう。そして「今日はここまで!」と彼をちょぴりからかってみるのです。

それでも強行突破された場合には、黙ってしまうとより断りにくくなるので、可愛く「やーだー」「だーめー」と断り続け「また今度ね!」と切り上げましょう。

もしここまできて止めてくれなければ、そのまま拗ねてください。「止めてくれなきゃもう今度もなしだから!」と言えば、きっと可愛くお断りできるはずですよ。

おわりに

セフレ同様にソフレという言葉がよく使われる様になりましたが、ソフレで我慢できる男性はごく一部です。まだSEXしたくないなら、そういうシュチュエーションに持ち込まない事も大切。

実際本当にしたくなってしたSEXと、流れで…というSEXではまったく中身も変わってきますよ。ワンランク上の女性になる為にも、断る術を覚えて自分の意思を伝えるようにしてみてくださいね。(織留有紗/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事